メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''いろメロミックス'''とは、株式会社[[ドワンゴ]]が提供する、[[携帯電話]]向け[[着信メロディ]][[ウェブサイト|サイト]]である。サービス開始当初の名称は「16メロミックス」であった。40和音の携帯電話の発売時に「40メロミックス」に名称変更をするが、64和音の携帯電話の登場時には「64メロミックス」にはならずに現在の名前に落ち着いた。着メロサイトとしては後発でありながら、提供するデータの高音質さが口コミで広がったことと、巧みなプロモーション戦略により、{{要出典範囲|瞬く間に最も著名な着メロサイトになった。|date=2013年4月}}
 
== 特徴 ==
ネット上では[[2ちゃんねる]]にて「16メロディー」当時から長年広告掲載がされており、のちにテレビコマーシャルに起用されることになる。
 
テレビコマーシャルは2002年春に関東ローカルで[[シーマン]]の着ボイスをテーマに深夜中心にスポットを打ったのが最初。同年6月には全国スポットで[[Gackt]]が巨大ストラップとして女性に抱きかかえられるCMを制作し、7月には原宿に期間限定のショップをオープン。CMと同様の光景を再現できる等身大抱き枕型ストラップを販売する。その後、[[キングギドラ (ミュージシャン)KGDR|キングギドラ]]、[[DOUBLE (歌手)|DOUBLE]]、[[HYDE]]、[[ジャミロクワイ]]、[[古舘伊知郎]]、[[ダウンタウン (お笑いコンビ)|ダウンタウン]]、[[倉木麻衣]]、[[w-inds.]]、[[KOTOKO]]などを起用。とくに2004年春のダウンタウンのCMは、ツーカーのダウンタウンの松本のCMのパロディになっており、物議を醸した。2005年夏には[[2ちゃんねる]]の管理人[[西村博之]]をナレーションとして起用し、同掲示板マスコット的存在である[[モナー]]の[[アスキーアート|AA]]などのキャラを使用したCMを制作。音楽に[[巫女みこナース]]、[[猥歌]]である『ちんこ音頭』を使用したことと併せてインターネット上で良くも悪くも話題となった。その後は[[レイザーラモン]][[住谷正樹]]をCMに起用した(腰の振りはなかった)。
 
現在はダウンタウンが、携帯電話向けアプリ用の「[[えいご漬け]]」のCMをしている。
7,473

回編集