「篠原長重 (三好家臣)」の版間の差分

編集の要約なし
(Cat追加)
編集の要約なし
'''篠原 長重'''(しのはら ながしげ、[[天文 (元号)|天文]]24年([[1555年]]) - 天正[[亀]]4[[7月16日 (旧暦)|7月16日]]([[1573年]])7[[81613]]))は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[三好氏]]の家臣で[[阿波国]]阿波郡[[秋月城 (阿波国)|秋月城]]主<ref>『細川家記』</ref>。[[篠原長房]]の子。通称は小字小一郎、孫四郎、大和守。妻は[[三好実休]]の娘<ref name="wakamatsu">若松和三郎『戦国三好氏と篠原長房』p.194-195</ref>。
 
== 概略 ==
元亀元年([[1570年]])10月、長重は摂津に上陸し([[野田城・福島城の戦い]])、叔父の[[篠原自遁]]と連署で[[本興寺 (尼崎市)|本興寺]]に禁制を発給し<ref name="wakamatsu"/>、元亀2年([[1571年]])正月には四国に戻り讃岐の西光寺に、その後、畿内に戻り元亀3年([[1572年]])12月には[[山城国|山城]]大山崎の[[離宮八幡宮]]にそれぞれ禁制を発給した<ref name="wakamatsu"/>。
 
しかし、父の長房と、三好自遁・三好長治が不和となり、元亀4年(1573年)5月、三好長治と十河存保の軍勢が長房の居城である[[上桜城]]に押し寄せた([[上桜城の戦い]])。約2か月の籠城戦の後、篠原長房と長重は、同年7月16日早朝、十河存保の陣を急襲したが敗北し、長重は讃岐[[香西氏]]の家臣・[[植松資久]]に討ち取られた<ref>『香西史』第九編 第八章 第八節 植松久助</ref>。享年19歳<ref>『阿波志』</ref>。
 
== 脚注 ==
*[[荒木村重]]
 
{{デフォルトソートDEFAULTSORT:しのはら なかしけ}}
[[Category:篠原氏|なかしけ]]
[[Category:戦国武将]]
[[Category:阿波国の人物]]