「京阪式アクセント」の版間の差分

m
 
== 分布 ==
京阪式およびその変種アクセントは、概ね[[北陸地方]]・近畿地方・四国地方を結ぶやや傾いた南北の帯状に分布し、東京式によってその東西を挟まれている。
 
近畿地方では、[[三重県]][[伊勢国|伊勢]]([[桑名市]]旧[[長島町]]および[[木曽岬町]]除く)・[[志摩国|志摩]]・[[伊賀国|伊賀]]、[[滋賀県]]([[滋賀県#地域|湖北]]除く)、[[奈良県]]北部、[[京都府]]南部、[[大阪府]]全域、[[和歌山県]]のほとんど、[[兵庫県]]南部が京阪式アクセントである。近畿地方周辺では、[[福井県]][[若狭国|若狭地方]]、[[岐阜県]][[揖斐川町]]の一部(旧[[坂内村]]・[[藤橋村]]・[[久瀬村]])でも京阪式が用いられる。四国地方では、[[徳島県]]東部から[[高知県]]東部・中部(山間部除く)にかけてまとまって京阪式が分布するほか、[[愛媛県]][[中予地方]]・[[東予地方]]の一部にも分布する。