「高山啓義」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 評価 ==
[[2004年]]頃までは不安定で不可解な判定が多く、特に2003年シーズンは、開幕戦からしばらくの間、J1・J2含め主審を務めた試合で必ず退場者が出る事態が続いた。またカードを頻繁に出す傾向があり、[[2004年]][[5月9日]]の[[清水エスパルス]]対[[セレッソ大阪]]戦ではJリーグ最多記録となる'''一試合13枚のイエローカード'''を提示した。([[レッドカード]]2枚)、退場の回数が多いことで知られる[[大久保嘉人]]から試合中に「落ち着いてやってください」と忠告された(大久保はこの試合で退場している)。
 
== エピソード ==
[[2007年]][[6月30日]]に行われた[[川崎フロンターレ]]対[[ヴィッセル神戸]]の後半、ファウルの判定を巡り、神戸DFと高山が小競り合いになった際、味方である神戸DFを突き飛ばしてまで制止した神戸FW大久保嘉人に対して、上記事件の軽い意趣返しのつもりか「大久保も随分とおとなしくなったもんだな」という言葉を投げかけた{{要出典|date=2009年9月}}。
 
[[2009年]]6月28日、[[セレッソ大阪]]対[[水戸ホーリーホック]]戦において、スローインを他の選手に代わろうとした[[香川真司]]に対して[[イエローカード]]を出すそぶりで威嚇した。<ref>{{cite news|url=http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200906/29/socc221657.html|title=J2C大阪・香川2発!7節ぶりの首位奪取に笑顔 主審の判定に激怒、指揮官は会見キャンセル|newspaper=スポニチアネックス|date=2009-06-29}}</ref><ref> [https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=12137 J.League Data Site 2009Jリーグ ディビジョン2 第24節第2日 水戸-C大阪]</ref>