「サイレントディール」の版間の差分

一部要出典タグ復帰
編集の要約なし
(一部要出典タグ復帰)
}}
 
'''サイレントディール'''は[[日本]]の元[[競走馬]]である。{{要出典範囲|芝・[[ダート]]を問わず、8歳まで中距離路線で息の長い活躍を見せた。2003年[[シンザン記念]]、同年[[武蔵野ステークス]](いずれもGIII)、2007年[[佐賀記念]](交流GIII)の勝ち馬。全姉に[[エリザベス女王杯]]優勝馬の[[トゥザヴィクトリー]]を持ち、芝とダートで[[日本中央競馬会|JRA]]重賞を勝利した唯一の[[サンデーサイレンス]]産駒である。|date=2015年6月}}
 
== 生産 ==
{{要出典範囲|[[北海道]][[安平町]]早来の[[ノーザンファーム]]で2000年3月19日に生まれる。|date=2015年6月}}父は前年まで5年連続チャンピオンサイアーの[[サンデーサイレンス]]、母フェアリードールは1991年生の[[アメリカ合衆国|アメリカ]]産馬([[イギリス]]出走馬)で、全姉に[[エリザベス女王杯]]優勝馬の[[トゥザヴィクトリー]]がいた<ref name="furusato">{{cite web|url=http://uma-furusato.com/i_search/detail_horse/_id_0000701785|title=サイレントディール|publisher=競走馬のふるさと案内所|accessdate=2015-06-08}}</ref>。トゥザヴィクトリーの全弟として注目を集めたサイレントディールは、同年7月に開催された[[セレクトセール]]に「フェアリードールの2000」として上場され、図研社長の[[金子真人]]に1億1550万円で落札された<ref name="furusato" /><ref>{{cite web|url=http://www.jbis.or.jp/horse/0000701785/|title=サイレントディール|publisher=公益社団法人日本軽種馬協会|accessdate=2015-06-08}}</ref>。
 
== 競走馬時代 ==
=== 2歳戦からクラシック ===
{{要出典範囲|2002年、[[栗東トレーニングセンター|栗東]]の[[池江泰郎]]厩舎へ入厩。同年9月15日、[[阪神競馬場]]で行われた[[新馬|新馬戦]]でデビューした。|date=2015年6月}}[[中館英二]]騎乗のサイレントディールは、この芝1600mのレースを1番人気で逃げ切り、2着メイショウマルスに2馬身半差をつけて勝利した<ref>{{cite web|url=http://db.netkeiba.com/race/200209040405/|title=2歳新馬 2002年09月15日|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。続く[[武豊]]が騎乗した萩ステークス([[京都競馬場|京都]]・芝1800m)では5着に敗れるが、同条件の黄菊賞(500万下、[[上村洋行]]騎乗)を2番手からの競馬で勝利する<ref>{{cite web|url=http://db.netkeiba.com/race/200208050309/|title=黄菊賞|2002年11月09日|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。12月8日の[[朝日杯フューチュリティステークス]]で重賞初出走。武豊騎乗の3番人気サイレントディールは、強力な先行馬が不在の中でハナを主張するが、同じく掛かり気味に先行したマイネルモルゲンと1000m通過56.9秒のハイペースを作り出したのちに失速<ref>{{cite web|url=http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=1840|title=重賞レース回顧: 朝日杯フューチュリティS|author=柏木集保|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。勝った[[エイシンチャンプ]]から0.9秒差の8着に敗れた<ref>{{cite web|url=http://db.netkeiba.com/race/200206050411/|title=朝日杯FS|2002年12月08日|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。
 
2003年1月12日、サイレントディールは1番人気に推された[[シンザン記念]]で重賞初勝利を挙げる。道中6番手追走からスローの流れに乗り、早めのスパートから2着マッキーマックスをクビ差で抑えた<ref>{{cite web|url=http://db.netkeiba.com/race/200308010411/|title=日刊スポシンザン記念|2003年01月12日|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref><ref name="shinzan" />。前半47.9-後半46.9秒のレースラップと1分34秒8の勝ち時計は、前年の勝ち馬であり[[東京優駿|ダービー]]馬、[[タニノギムレット]]のそれと全く同じ数字だった<ref name="shinzan">{{cite web|url=http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=1909|title=重賞レース回顧: シンザン記念|author=柏木集保|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。この時点で陣営は[[ドバイ]]で行われる[[UAEダービー]]出走のプランを持っていた<ref>{{cite web|url=http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=1930|title=混沌とした牡馬戦線|author=長岡一也|date=2003-02-18|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。続く[[きさらぎ賞]]は重馬場の中、後方からの競馬で3番人気[[ネオユニヴァース]]の2着<ref name="kisaragi">{{cite web|url=http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=1993|title=重賞レース回顧: きさらぎ賞|author=柏木集保|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。この後、サイレントディールは有力馬の一頭としてクラシックへ向かうが、[[皐月賞]]、[[東京優駿|日本ダービー]]ともにネオユニヴァースの6着、4着に敗れた。馬の評価には常に激しい気性からくる折り合い面への不安が伴い、武豊はのちに「今にして思えば、2400mでよく折り合ったものだ」とダービーを回顧している<ref name="kisaragi" /><ref>{{cite web|url=https://www.keibado.ne.jp/keibabook/030602/photo02.html|title=PHOTOパドック: サイレントディール|author=|date=|publisher=競馬ブック|accessdate=2015-06-08}}</ref><ref>{{cite web|url=http://uma-jin.net/pc/column/columnDetail.do?charaId=52&pcId=100062|title=武豊/ダービーのすべてを語ろう|author=|date=2011-01-28|publisher=月刊UMAJIN|accessdate=2015-06-08}}</ref>。その後、6月には3歳馬ながら[[宝塚記念]]へ出走するが、[[ヒシミラクル]]の10着に敗れた<ref>{{cite web|url=http://db.netkeiba.com/race/200309030411/|title=宝塚記念|2003年06月29日|publisher=netkeiba|accessdate=2015-06-08}}</ref>。
 
== 種牡馬時代 ==
{{要出典範囲|2009年から北海道[[日高町 (北海道)|日高町]]の[[ブリーダーズ・スタリオン・ステーション]]で[[種牡馬]]入り。|date=2015年6月}}初年度は53頭に種付けしたが、年々頭数を減らし、2013年の種付け頭数は3頭まで落ち込んだ<ref name="furusato" />。元々体高170㎝、体重500㎏を超える大型馬だが、引退後は570㎏ほどの馬体となっているという<ref>{{cite web|url=http://uma-furusato.com/column/detail/_id_23411|title=サイレントディールを訪ねて|publisher=競走馬のふるさと案内所|accessdate=2015-06-08}}</ref>。
 
=== 主な産駒 ===
|}}
 
== <!--脚注・-->出典 ==
{{脚注ヘルプ}}<!--
=== 注釈 ===
{{Reflist|group=注}}
 
=== 出典 ===
-->{{Reflist|2}}
 
== 外部リンク ==
27,864

回編集