「まるか食品」の版間の差分

編集の要約なし
(一部編集、記述を購入客へと変更)
 
=== 再発防止策および製造・販売再開 ===
その後の調査でも虫の混入原因や経路の特定をする事が出来なかったが<ref name="qanda">[http://www.peyoung.co.jp/faq/index.html 製造・販売再開に向けてのQ&A] - まるか食品公式サイト</ref>、混入の可能性があると考えられる箇所の絞り込みを行い<ref name="qanda" />、本社工場では虫の侵入を防ぐため壁を補修し床を抗菌仕様に変更。麺の運搬レーンに監視カメラと屋根を設置するなどの対策を施した上で、2015年5月に生産再開。6月8日から関東で販売を再開した<ref name="mainichi150519">{{Cite news|url=http://mainichi.jp/select/news/20150520k0000m040068000c.html|title=ペヤングやきそば:お待たせしました…約半年ぶり製造再開|newspaper=毎日新聞|date=2015-5-19|accessdate=2015-6-8}}</ref><ref name="tbs050608">{{Cite news|url=http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2510914.html|title=「ペヤング」来週から販売再開 “食の安全”企業どう守る? |newspaper=TBS|date=2015-06-08|accessdate=2015-06-08}}</ref>。ところが、当初予想していた2倍から3倍の注文量があり、24時間体制でも製造が追いつかなくなったため、関東以外での発売を延期する事態となった。7月からは製造ラインを増やし安定供給に務めるという。関東以外の地域(販売休止前から販売していなかった北海道・沖縄県を除く)では、甲信越・静岡地区が7月6日、東北・北陸・中京・関西・中四国・九州地区が7月13日に販売を再開する<ref name="sankei150610"/>。
 
なお、同社が製造・販売再開に向けた取り組みとして、容器の改良を含む再発防止策に投じた額は、10億円以上にのぼったと報じられている<ref name="yomiuri150608"/>。
94

回編集