「京阪式アクセント」の版間の差分

アクセント体系表を移動。節を分割。
(アクセント体系表を移動。節を分割。)
京阪式使用地域の周辺部には、京阪式の様々な変種アクセントが分布している。変種アクセントのうち、四国の[[香川県]]周辺で用いられるアクセントを'''[[讃岐式アクセント]]'''と言い、これは早い時期(中世以前?)に京阪式から分岐して独自に発展したものと考えられている。また、[[石川県]][[能登半島]]の一部や[[三重県]]南部の[[熊野市]]・[[尾鷲市]]などの方言も京阪式に近いアクセントである。東京式分布地域との緩衝地域([[滋賀県]][[長浜市]]から岐阜県[[垂井町]]付近、京都府[[中丹]]、兵庫県播磨北部・西部)や[[四国山地]]、福井県の一部、[[富山県]]などのアクセントは、下がり目の位置は京阪式に近いものの、高起式と低起式と区別がなく、これを'''[[垂井式アクセント]]'''という。
 
== アクセントの内容体系 ==
先述の通り、京阪式アクセントは、語頭が高い(高起式)か低い(低起式)かを区別し、さらに何拍目で下がるかを区別するアクセントである。下がり目の直前の拍をアクセント核と言う。アクセント核を{{下げ核|○}}で表し、高起式をHで、低起式をLで表すと、「{{高線|'''はな'''}}」(鼻)はH○○(下がり目なし)、「{{高線|'''お'''}}と」(音)はH{{下げ核|○}}○で、「あ{{高線|'''め'''}}ぇ」(雨)はL○{{下げ核|○}}である(「め」は拍内で下降する)。高起式は語頭が高く、語頭から下げ核まで平らに発音される(下げ核がなければ語末まで平ら)。低起式は語頭が低く、語頭以降は音が上昇する性質がある。[[上野善道]]はこの点を重視して、高起式を平進式、低起式を上昇式と呼んだ。下の表の「木・手」類、「いつ・中」類のように、低起式での上昇の仕方には地域差がある(後述)。
 
京阪式アクセントの地域では一拍語は長音化する傾向がある。そのため、{{高線|'''かあ'''}}(蚊)、{{高線|'''な'''}}あ(名)、き{{高線|'''い'''}}(木)のように、助詞を付けなくても3つのアクセントの型(パターン)を区別できる。助詞が付いた場合も長音化することが多いが、長音化しない場合は{{高線|'''かが'''}}、{{高線|'''な'''}}が、き{{高線|'''が'''}}、のようになる。また、二拍名詞でも、低起式でアクセント核のない型(Lい{{高線|'''つ'''}})と最後の拍に核のある型(Lあ{{高線|'''め'''}}ぇ)では、後者に拍内の下降があることで、助詞を付けずに区別することができる。
 
1拍語にはH○、H{{下げ核|○}}、L○の3種類の型がある。また2拍語にはH○○、H{{下げ核|○}}○、L○○、L○{{下げ核|○}}の4種類の型がある。H○{{下げ核|○}}、H○○{{下げ核|○}}のような、高起式で末尾にアクセント核がある型は、理論上はありえるが現実にはほとんど該当語がない。
 
{| style="float:center"
|
{| class="wikitable IPA"
|-align="center"
!!!下げ核の有無!!下げ核の位置!!1拍語!!2拍語 !! 3拍語
|-
!rowspan=8|高起式
!rowspan=3|なし
!rowspan=3|-
| /ki/ {{高線|'''きい'''}} (気)
| /kiɡa/ {{高線|'''きが'''}}(気が)
| /kikara/ {{高線|'''きから'''}} (気から)
|-
| —
| /kaze/ {{高線|'''かぜ'''}}(風)
| /kazeɡa/ {{高線|'''かぜが'''}} (風が)
|-
|colspan=2| —
| /jameru/ {{高線|'''やめる'''}}(止める)
|-
!rowspan=5|あり
!rowspan=3|1
| /hiꜜ/ {{高線|'''ひ'''}}い(日)
| /hiꜜɡa/ {{高線|'''ひ'''}}が(日が)
| /hiꜜkara/ {{高線|'''ひ'''}}から(日から)
|-
| —
| /kaꜜwa/ {{高線|'''か'''}}わ(川)
| /kaꜜwaɡa/ {{高線|'''か'''}}わが(川が)
|-
|colspan=2| —
| /siꜜroi/ {{高線|'''し'''}}ろい(白い)
|-
!2
| —
|(なし)
| /ataꜜma/ {{高線|'''あた'''}}ま(頭)
|-
!3
|colspan=2| —
|(ほぼなし)
|-
!rowspan=6|低起式
!rowspan=3|なし
!rowspan=3|-
| /˩ki/ き{{高線|'''い'''}}(木)
| /˩kiɡa/ き{{高線|'''が'''}}(木が)
| /˩kikara/ きか{{高線|'''ら'''}}(木から)
|-
| —
| /˩ito/ い{{高線|'''と'''}}(糸)
| /˩itoɡa/ いと{{高線|'''が'''}} (糸が)
|-
|colspan=2| —
| /˩okiru/ おき{{高線|'''る'''}}(起きる)
|-
!rowspan=3|あり
!rowspan=2|2
| —
| /˩haruꜜ/ は{{高線|'''る'''}}(春)
| /˩haruꜜga/ は{{高線|'''る'''}}が(春が)
|-
|colspan=2| —
| /˩kusuꜜri/ く{{高線|'''す'''}}り(薬)
|-
!3
|colspan=2| —
| /˩maQtiꜜ/ マッ{{高線|'''チ'''}}(マッチ)
|}
大阪のアクセント。低起式は˩、下げ核はꜜ で示している。
 
== 類別 ==
下の表は、各類ごとの[[京都市]]と[[高知市]]のアクセント(高齢層)をまとめたものである<ref name="講座方言学高知">飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』 国書刊行会、1982年、433頁-436頁。</ref><ref>秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』笠間書院、2009年、91頁、表3・表4。</ref>。'''[[類 (アクセント)|類]]'''とは、平安時代末の京都でのアクセントの区別に従って単語を分類したもので、現在ではいくつかの類が統合している。例えば二拍名詞の二類(音・川など)は平安時代には「高低」型だったのに対し、三類(時・物など)は平安時代には「低低」型で、両者は異なるアクセントだったが、現代ではどちらも「高低」型になっている。
{| class="wikitable" style="text-align:center"
※京都などでは二拍目に拍内下降がある。
 
== 地域差 ==
京阪式アクセント内でも地域による違いがあり、高知県中・東部(山間部除く)や和歌山県中南部([[田辺市]]付近)、徳島県東部では室町時代から江戸時代の京都アクセントに近いものが残っている。
 
 
名詞では、京都府南部・滋賀県大部・奈良県北部・三重県北部・福井県若狭ではH○{{下げ核|○}}○型がほとんどなく、三拍名詞の二・四類は「{{高線|'''あ'''}}たま」型になっているが、大阪市などその他の地域では「{{高線|'''あた'''}}ま」型である。また、福井県若狭ではL○○○型がなく、三拍名詞六類は「{{高線|'''うさぎ'''}}」型である。<ref name="金田一7巻149"/><ref name="金田一近畿中央部"/>
 
=== 京阪式アクセントの体系 ===
{| style="float:center"
|
{| class="wikitable IPA"
|-align="center"
!!!下げ核の有無!!下げ核の位置!!1拍語!!2拍語 !! 3拍語
|-
!rowspan=8|高起式
!rowspan=3|なし
!rowspan=3|-
| /ki/ {{高線|'''きい'''}} (気)
| /kiɡa/ {{高線|'''きが'''}}(気が)
| /kikara/ {{高線|'''きから'''}} (気から)
|-
| —
| /kaze/ {{高線|'''かぜ'''}}(風)
| /kazeɡa/ {{高線|'''かぜが'''}} (風が)
|-
|colspan=2| —
| /jameru/ {{高線|'''やめる'''}}(止める)
|-
!rowspan=5|あり
!rowspan=3|1
| /hiꜜ/ {{高線|'''ひ'''}}い(日)
| /hiꜜɡa/ {{高線|'''ひ'''}}が(日が)
| /hiꜜkara/ {{高線|'''ひ'''}}から(日から)
|-
| —
| /kaꜜwa/ {{高線|'''か'''}}わ(川)
| /kaꜜwaɡa/ {{高線|'''か'''}}わが(川が)
|-
|colspan=2| —
| /siꜜroi/ {{高線|'''し'''}}ろい(白い)
|-
!2
| —
|(なし)
| /ataꜜma/ {{高線|'''あた'''}}ま(頭)
|-
!3
|colspan=2| —
|(ほぼなし)
|-
!rowspan=6|低起式
!rowspan=3|なし
!rowspan=3|-
| /˩ki/ き{{高線|'''い'''}}(木)
| /˩kiɡa/ き{{高線|'''が'''}}(木が)
| /˩kikara/ きか{{高線|'''ら'''}}(木から)
|-
| —
| /˩ito/ い{{高線|'''と'''}}(糸)
| /˩itoɡa/ いと{{高線|'''が'''}} (糸が)
|-
|colspan=2| —
| /˩okiru/ おき{{高線|'''る'''}}(起きる)
|-
!rowspan=3|あり
!rowspan=2|2
| —
| /˩haruꜜ/ は{{高線|'''る'''}}(春)
| /˩haruꜜga/ は{{高線|'''る'''}}が(春が)
|-
|colspan=2| —
| /˩kusuꜜri/ く{{高線|'''す'''}}り(薬)
|-
!3
|colspan=2| —
| /˩maQtiꜜ/ マッ{{高線|'''チ'''}}(マッチ)
|}
大阪のアクセント。低起式は˩、下げ核はꜜ で示している。
 
== 歴史 ==