「ポーラX」の版間の差分

評価
(→‎外部リンク: →サブカテゴリ)
(評価)
| 製作総指揮 =
| 製作 = ブリュノ・ペズリー
| 脚本 = レオス・カラックス<BRbr/>ジャン・ポール・ファルゴー<BRbr/>ローラン・セドフスキー
| 出演者 = [[ギョーム・ドパルデュー]]<BRbr/>[[カテリーナ・ゴルベワ]]<BRbr/>[[カトリーヌ・ドヌーヴ]]
| 音楽 = [[スコット・ウォーカー]]
| 主題歌 =
| 撮影 = [[エリック ゴーティエ]]
| 編集 = ネリー・ケティエ
| 配給 = {{flagicon|FRA}} AMLF<br />{{flagicon|USA}} WinStar Cinema<br />{{flagicon|JPN}} [[ユーロスペース]]
| 次作 =
}}
'''ポーラX'''』(原題:''Pola X'')は、[[1999年]]公開の[[フランス]]・[[ドイツ]]・[[日本]]・[[スイス]]合作のドラマ映画。[[第52回カンヌ国際映画祭]]コンペティション部門正式出品
 
== 概説 ==
「[[ポンヌフの恋人]]」以来8年ぶりとなった[[レオス・カラックス]]の監督作品。
 
映画化不可能といわれた[[ハーマン・メルヴィル]]の『ピエール』をベースに独自の映像で撮り上げた。<BR>
タイトルは原作(仏語訳)の"Pierre ou les ambiguïtés"の頭文字"Pola"に映画に使われた10番目の草稿を示すローマ数字"X"を加えたもの。
 
[[第52回カンヌ国際映画祭]]コンペティション部門正式出品。
 
== ストーリー ==
ノルマンディーのセーヌ川の畔。ピエールは外交官だった父の亡き後、「姉、弟」と呼び合う仲の美しい母マリーと城館で何不自由なく暮らしていた。そんな彼の前に突然、異母姉と名乗る女性イザベルが現れる
ノルマンディーのセーヌ川の畔。
 
ピエールは外交官だった父の亡き後、「姉、弟」と呼び合う仲の美しい母マリーと城館で何不自由なく暮らしていた。
 
そんな彼の前に突然、異母姉と名乗る女性イザベルが現れる。
 
== キャスト ==
*[[ギョーム・ドパルデュー]]:ピエール
*[[カテリーナ・ゴルベワ]]:イザベル
*[[カトリーヌ・ドヌーヴ]]:マリー
*デルフィーヌ・シェイヨー:ルーシー
== スタッフ ==
*監督:[[レオス・カラックス]]
*製作:ブリュノ・ペズリー、[[堀越謙三]]、カール・バウムガルトナー
*原作:[[ハーマン・メルヴィル]]
*脚本:レオス・カラックス、ジャン・ポール・ファルゴー、ローラン・セドフスキー
*撮影:[[エリック ゴーティエ]]
*音楽:[[スコット・ウォーカー]]
*美術:ロラン・アレール
*編集:ネリー・ケティエ
*衣装(デザイン):エスター・ヴァルツ
 
== 概説製作 ==
[[レオス・カラックス]]の監督作品としては、『[[ポンヌフの恋人]]』以来、8年ぶりとなった。原作は、[[ハーマン・メルヴィル]]の『ピエール』。タイトルは原作(仏語訳)の"Pierre ou les ambiguïtés"の頭文字"Pola"映画に使われた10番目の草稿を示すローマ数字"X"を加えたもの。
 
== 評価 ==
[[Metacritic]]では、20件のレヴューで平均値は65点だった<ref>{{cite web|url=http://www.metacritic.com/movie/pola-x|title=Pola X|work=Metacritic|publisher=CBS Interactive|accessdate=2015-06-18}}</ref>。[[Rotten Tomatoes]]では、25件のレヴューで支持率は76%、平均値は6.4点だった<ref>{{cite web|url=http://www.rottentomatoes.com/m/pola_x/|title=Pola X|work=Rotten Tomatoes|publisher=Flixster|accessdate=2015-06-18}}</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* {{Movielink|imdb|0152015|Pola X}}
 
{{DEFAULTSORT:ほらえつくす}}
[[Category:フランスのドラマ映画]]
[[Category:ドイツのドラマ映画]]
[[Category:日本のドラマ映画]]
[[Category:スイスのドラマ映画]]
[[Category:1999年の映画]]
[[Category:レオス・カラックスの監督映画]]
匿名利用者