「越智氏」の版間の差分

編集の要約なし
(平成27年2月18日の版に巻き戻し:全体に百科事典の記述として不適切につき。)
 
[[河野氏]]の記した『[[予章記]]』などで語られることの多い越智氏だが、[[孝霊天皇]]の第三[[皇子]][[彦狭島命|伊予皇子]]の第三[[王 (皇族)|王子]]を祖とするなどの粉飾が加えられていたりと信憑性に乏しく、越智氏自体の歴史は分らないことが多い。一般に越智氏系譜は河野氏系譜と混同視されており、疑問を投げかける声は少なくない。
 
 
==(伊豆十六皇子、考察後消去下さい、)==
東宮待講従三位文学博士三島毅選考察、伊豫章記、古文書原文、 孝霊天皇、孝元天皇、此孝元天皇御弟伊豫皇子申ス、(中略御偉彦狭島樽)此頃南獄西伐動令蜂起之間、此御子富國下給乃西南藩、堀将軍伝、即以宣下故ニ伊興皇子号略中、此皇子御座所を伊豫國伊豫群神埼庄号、今霊宮申親王宮奉崇略中、和気姫娶テ三子産給、世間止トテ棚無、小舟三引乗海上放奉、代三王子御舟富國和気郷三津浦着給フ、即國主奉崇、小千御子解ス此御子始祖御証オ以テ、氏宗廟神崇拝奉ル。是有リ、七歳天子勤オ蒙リ都上四州主即御帰有富國越智郡大濱着テ御館オ造住座、故郷小千ト伝、尚擬者伊予郡神埼郷為世、頼為時の三子有テ母ワ和気五郎大夫家時ノ子ト伝ワレド伊豫王子ノ博ト全類似有レド、大同二年謀反シテ自刃シタル由見エ、富國ニ由縁無シキ、富時縁座、藤原雄友ヲ伊豫國ニ配流シ二年ヲ得テ、弘仁元年四月免罪入京ト有ガ囚人ニテ無縁の地ニ之ヲ呂フ如ハ非ズ是伊豫神社借リテ捏造セシ事明也、嵯峨帝ノ準子ト伝フ伊豫國ノ領主幣ヲ得テ是豪族等世系ヲ誇大シタル拳薄久トシテ怪シム足ラズ況ヤ、天皇皇子伊豫皇子葦彦狭島樽伝久ト見エタルハ疑シキ書サマ也、偽書ノ類由緒連ナル事皆伊豆十六皇子ノ所化デ捏造、墓所ヘ続クル文脈多シ改ザン偽書也。
 
(考察、検証)、孝霊天皇、皇位を退き、其の子等は伊豆へ流刑、皆伊豆の十六皇子の由緒及び墓所伝説に繋がる造り事、偽書の多きは小千、越智との突然の繋がり由緒出自筋在所繋がり、内容が乏しく文献時代検証無い、墓所有是拠り繋がりの文節多く偽書也、他の文献に同等の記録が無い、例えば(朝廷送書、菅唱舎人阿礼筋目注進案書)代官、神官注進案、及び返書記録無い、厳島宮記録文献等、三島宮文献、捏造文書と有り、藤原雄友を伊豫国に配流し二年を経て、弘仁元年四月免罪入京せしこと疑問あらんや、令制國府所在地成れば越智郡内成る者、の流罪囚人無縁の地、及ぶが如き捏造せし事是偽書也、嵯峨帝の準皇子として養子に成ると有る、玉純の十四世家時子無きを得て恒武の皇子を養子とし、足利時代河野氏伊豫國の領主也、又王宮墓と称する是伊豫神社の裏背面に伊豫親王墳墓と伝わる五輪搭有り、(先年故有て是発堀せし事、明治時代)経筒有り経塚是也、天皇、又越智天皇、(某系藤原)(伊豫皇子偉彦狭島樽伝)代々の事柄見得疑しき書さま也、(孝霊皇子彦狭島之事耐不知)同名別人也、文字乏しき時代、伊豆の十六皇子の繋がりを捏造、古文書偽造物多く有る。越智河野系図に由緒無き事明白是也、    書編集菅井上頼國、
 
 
16

回編集