「衛臻」の版間の差分

編集の要約なし
[[曹植]]が曹操から寵愛を受けると、[[丁儀]]は衛臻に結託することを求めたが、衛臻はこれに応じなかった。
 
[[曹丕]](文帝)が王位に就くと散騎常侍に、また帝位に就くと安国亭侯に封じられた。曹操期以来の群臣達は魏を称える一方で、後漢の徳を口々に貶したが、衛臻だけは禅譲の徳義を理由に後漢の徳を称えた。文帝は衛臻を称え、[[献帝 (漢)|山陽公]]と同様の扱いにすべきだとし、[[尚書]]に昇進させ、[[侍中]]・[[吏部]]尚書に転任させた。
 
文帝が[[広陵]]に遠征したときは、中領軍代行として随行した。[[曹休]]が[[呉 (三国)|呉]]の降服者より入手した[[孫権]]の動静情報について、「それは偽りなのではないか」と意見した。後に衛臻の意見が正しかったことが判明している。