「日興」の版間の差分

(→‎本六人: +日目=第3祖出典、第2代記述と出典→‎参考文献: +大鑑,+心得,+統記)
*五人は、如法経を勤行し、書写し供養するなどの修行をするのに対し、日興は、そうした修行は、末法の時代の修行ではないので、これを認めない。
*五人は、日蓮の法門は天台宗なので、比叡山で出家受戒を認めるが、日興は、日蓮の法門は法華本門なので、これを認めない。
(『富士一跡門徒存知の事』{{Sfn | 立正大学日蓮教学研究所 | 1983 | pp = 119-120 | ps =-但し、原漢文 }}<ref group="注釈" name="f">{{Harv | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 325 }}には、本書は「今日の学界では〔略〕日興の名に仮託して作られたものとされている」とある。</ref>)
 
=== 日蓮宗の考え ===
* {{Cite book | 和書 | author = 富士学林研究科 | title = 日興上人身延離山史 | origdate = 1961 | edition = 再版 | date = 2006-08-01 | publisher = 大日蓮出版 | location = 富士宮 | isbn = 978-4904429563 | oclc = 675734757 | ref = harv }}
* {{Cite book | 和書 | editor = 宮崎英修 | date = 1978-07-10 | title = 日蓮辞典 | publisher = [[東京堂出版]] | isbn = 978-4490101096 | ncid = BN00793610 | oclc = 5182140 | ref = harv }}
* {{Cite book | 和書 | editor = 立正大学日蓮教学研究所 | others = 浅地康平(発行者) | title = 興尊全集興門集 | edition = 第2版 | date = 1983-12-08 | publisher = 山喜房仏書林 | series = 日蓮宗宗学全書 第2巻 | ncid = BN13828831 | oclc = 834960056 | asin = B000J6LQH6 | ref = harv }}(ASINは全書のもの)
 
== 関連項目 ==
* [[日蓮正宗]] - [[大石寺住職一覧]]
* [[日蓮本宗]]
* [[北山本門寺]]
1,382

回編集