「ハナショウブ」の版間の差分

編集の要約なし
: 現在の[[熊本県]]を中心に鉢植えの室内鑑賞向きに栽培されてきた品種群である。肥後熊本藩主[[細川斉護]]が、藩士を菖翁のところに弟子入りさせ、門外不出を条件に譲り受けたもので、「[[肥後六花]]」の一つである。満月会によって現在まで栽培・改良が続けられている。菖翁との約束であった門外不出という会則を現在も厳守している点が、他系統には見られない習慣である。しかし[[大正]]に会則を破り外部へ広めてしまった会員がおり、現在では熊本県外の庭園などで目にすることができる。
; 長井系(長井古種)
: [[山形県]][[長井市]]で栽培されてきた品種群である。同市のあやめ公園は[[1910年]]([[明治]]43年)に開園し、市民の憩いの場であった。[[1962年]]([[昭和]]37年)、来訪した中央の園芸家によって三系統いずれにも属さない品種群が確認され、長井古種と命名されたことから知られるようになった。江戸後期からの品種改良の影響を受けていない、少なくとも江戸中期以前の原種に近いものと評価されている。現在、34種の品種が確認されている<ref>[http://yamagata.kankou-nagai.jp/log/?l=322220 花菖蒲 長井古種物語(長井市観光ポータブルサイト)]</ref>。長井古種に属する品種のうち13品種は長井市指定天然記念物である。
{{seealso|長井あやめ公園#長井古種}}
 
36

回編集