「ゴシック体」の版間の差分

現在では強調・見出し以外にも、細身のゴシック体を本文用に使うことは多い。本文用に用いられるのは広告や雑誌などが中心であり、[[小説]]の単行本などでは基本的に用いられない。
 
一般的な[[漫画]]雑誌や単行本では、[[漢字]]部分をゴシック体、[[仮名 (文字)|かな]]部分を[[明朝体]]<!--アンチック-->という書体とした混植が一般的である(これを'''アンチゴチ'''という)。[[自動車]]の[[日本のナンバープレート (自動車)|ナンバープレート]]に用いられる数字書体は、「ゴジック体」と定められている。だがこれには制定書体があるわけではなく、特段の字形の規定自体がない<!--でしたよね?/by FeZn-->。
 
=== コンピュータ ===
コンピュータの世界においては、ゴシック体は標準的な地位を占めている。
 
ディスプレイの表示解像度の問題から、縦横の差異やウロコ(明朝体でえば三角形になっている部分)のある書体は読みづらくなる(環境によっては実用レベルでなくなる)一方、ゴシック体はそういった需要を適切に満たすゆえである。
 
[[Microsoft Windows|Windows]]に標準でインストールされる[[MS ゴシック]]と呼ばれるフォントは、[[マイクロソフト]]による独自開発ではなく、[[写真植字機]]開発の伝統を持つ[[リョービ]]のゴシック-Bをベースに、[[リコー]]が開発しフォントデータとして仕上げたものである。その後、現[[ダイナコムウェア]]によるリョービのゴシック体も登場したが、MS ゴシックとは字形がわずかに異なる。
 
== 歴史 ==
22,922

回編集