「持永義夫」の版間の差分

→‎経歴: 調整
(写真追加)
(→‎経歴: 調整)
 
== 経歴 ==
[[宮崎県]]出身。持永善一の養子となる。[[広島高等師範学校]]を経て、[[1921年]]、[[京都大学|京都帝国大学]]法学部英法科を卒業。同年11月、[[高等文官試験|高等試験行政科試験]]に合格し、[[内務省 (日本)|内務省]]に入り衛生局属となる。以後、[[和歌山県]][[西牟婁郡]]長、同県[[海草郡]]長、[[広島県庁|広島県]][[理事官]]、[[社会局]]事務官、内務省社会局社会部の福利課長・保護課長・庶務課長、厚生[[大臣官房]]会計課長、[[傷兵保護院]]業務局長などを歴任。
 
[[1939年]]7月、[[愛媛県庁|愛媛県]]知事に就任。[[1940年]]7月、[[厚生省]]労働局長となり、同勤労局長を経て、[[1943年]]7月、[[三重県庁|三重県]]知事に発令された。[[兵庫県庁|兵庫県]]知事を経て、[[1945年]]10月、北海道庁長官に就任。[[1946年]]1月まで在任し退官した。
 
その後、[[公職追放]]となる。持永林産社長に就任。[[1952年]]10月、[[第25回衆議院議員総選挙]]で[[宮崎県第2区 (中選挙区)|宮崎県第2区]]に[[自由党 (日本 1950-1955)|自由党]]から出馬し当選。[[1953年]]4月の[[第26回衆議院議員総選挙|第26回総選挙]]でも当選し、連続2期務めた。[[1955年]]2月の[[第27回衆議院議員総選挙|第27回総選挙]]では落選した。この間、自由党政務調査会労働部長などを務めた。