「長子音」の版間の差分

重子音
m
(重子音)
'''長子音'''(ちょうしいん)は[[子音]]の持続時間が長いもののことである。[[国際音声記号]]では子音の後に {{IPA|ː}} を付けて表す。長子音でない一般の子音は'''短子音'''と呼ぶ。'''重子音'''({{lang-en-short|gemination}})とも呼ばれる
 
明確に区別する言語としては[[日本語]]、[[アラビア語]]、[[イタリア語]]、[[エストニア語]]、[[カタルーニャ語|カタロニア語]]、[[デンマーク語]]、[[ハンガリー語]]、[[フィンランド語]]、[[ラテン語]]、[[ロシア語]]などが存在する。長さは言語によって異なり、日本語のように1[[モーラ]]分長くなる場合もある。また、[[エストニア語]]においては短・長・超長の三段階で意味を区別する。
25,545

回編集