「長子音」の版間の差分

細かい修正
(重子音)
(細かい修正)
'''長子音'''(ちょうしいん)は[[子音]]の持続時間が長いもののことである。[[国際音声記号]]では子音の後に {{IPA|ː}} を付けて表す。長子音でない一般の子音は'''短子音'''と呼ぶ。'''重子音'''({{lang-en-short|gemination}})とも呼ばれる。
 
明確短子音と長子音を音韻的に区別する言語としては[[日本語]]、[[アラビア語]]、[[イタリア語]]、[[エストニア語]]、[[カタルーニャ語|カタロニア語]]、[[デンマーク語]]、[[ハンガリー語]]、[[フィンランド語]]、[[ラテン語]]、[[ロシア語]]などが存在する。長さは言語によって異なり、日本語のように1[[モーラ]]分長くなる場合もある。また、[[エストニア語]]においては短・長・超長の三段階で意味を区別する。
 
[[破裂音]]・[[破擦音]]の場合は、子音の持続時間が延長するのではなく、前に気流の停止が挿入され、これを合わせた時間が短子音より長くなる。
 
==表記==
日本語では子音の前に「[[促音|っ]]」を用いて表す場合が多いが、[[鼻音]]については子音の前に「[[ん]]」を用いて表す。イタリア語やフィンランド語では子音を二つ重ねて ''pp'' や ''tt'' のように書き表す。アラビア文字では[[シャッダ]]を使用する
 
ただし[[英語]]や[[ドイツ語]]などでは子音字の重複は、長子音ではなく、その前の母音が短母音であることを表す。また[[ロシア語]]では、子音字の重複が長子音を表す場合と表さない場合がある。[[朝鮮語]]で破裂音・破擦音・[[摩擦音]]の字母の重複は、長子音ではなく[[濃音]]を表す。
 
== 長子音を用いない言語の長子音 ==
例えば、音韻的には英語に長子音は存在しないとされるが、二つの単語の間にある子音が同じである場合、上は以下のように長子音化する事がある。
* this saddle [{{IPA|ðɪˈsːædəl]}}
* black coat [{{IPA|blæˈkːoʊt]}}
* back kick [{{IPA|ˈbækːɪk]}}
* crack cocaine [{{IPA|ˌkrækːoˈkeɪn]}}
 
しかし、重なる子音が[[破擦音]]である場合は起こらない。また、いくつかの方言においては副詞を作る接尾辞 ''-ly'' が ''{{ipa|l''}} や ''ll'' などの後ろに来た場合なども長子音化する。
* orange juice [{{IPA|ˈɒrɪndʒ dʒuːs]}}
* solely [{{IPA|soʊlːi]}}
 
== 関連項目 ==