「ルイ・ブラン」の版間の差分

編集の要約なし
(「ゴータ綱領批判」への影響について)
[[Image:Louis Blanc.jpg|thumb|ルイ・ブラン]]
'''ルイ・ブラン'''(Louis Blanc, [[1811年]][[10月29日]] - [[1882年]][[12月6日]])は、[[フランス第二共和政]]期の[[社会主義]]者の政治家、[[歴史家]]。[[1848年革命|二月革命]]後に臨時政府に入り、労働時間の短縮をおこない[[国立作業場]]を設立した。しかし1848年4月の選挙で落選(農民たちは、やっと手に入った土地を平等を旨とする社会主義派によって、再び失うことを恐れルイ・ブランを支持しなかった)。これによって臨時政府は国立作業場の廃止を決定。パリ民衆が武装蜂起を起こして鎮圧されるとイギリスに亡命した。
 
彼の「各人がその才能に応じて生産し、その必要に応じて消費する」という言葉が[[ゴータ綱領批判]]や[[共産主義]]者に影響を与えた。
* [http://www.ohiou.edu/~Chastain/ac/blanc.htm Biographie Louis Blancs auf ''Encyclopedia of 1848 Revolutions'' (engl.)]
* [http://www.fordham.edu/halsall/mod/1840blanc.html Traktat über Louis Blanc auf ''Internet Modern History Sourcebook'' (engl.)]
 
{{Communism-stub}}
{{History-stub}}
{{France-stub}}
{{Politician-stub}}
 
{{デフォルトソート:ふらん るい}}
29,293

回編集