「ペヨ」の版間の差分

m
一部の誤訳部分を修正。
m (→‎スマーフ: French spelling (Veronique -> Véronique))
m (一部の誤訳部分を修正。)
[[ファイル:Peyo (1990) by Erling Mandelmann.jpg|thumb|ペヨ、1990年]]
[[ファイル:Peyo-signature.png|100px|right]]
'''ペヨ'''(Peyo、[[1928年]][[6月25日]] - [[1992年]][[12月24日]])は、[[ベルギー]]の[[イラストレーター]]、[[漫画家]]である。[[コミック・ストリップ]]の[[スマーフ]]で最も良く知られている<ref>{{cite news|title= Pierre Culliford; Created the Widely Popular Smurfs |publisher= LA Times|date=25 December 1992|url= http://articles.latimes.com/1992-12-25/news/mn-2392_1_pierre-culliford|accessdate=2010-08-24 | first=Burt A. | last=Folkart}}</ref>。本名は'''ピエール・キュリフォール'''(Pierre Culliford)だが、ペヨという名前で知られている。
 
====
ペヨは1928年に[[ブリュッセル]]で[[イギリス人]]の父とガリアギー人の母の間に生まれた<ref name=Weyer>De Weyer, Geert (2005). "Peyo". In België gestript, pp. 148-149. Tielt: Lannoo.</ref>。1992年の[[クリスマス・イブ]]の日に[[心臓発作]]のためブリュッセルで64歳で死去した
 
彼はプロとしてのキャリアを始めた初期に、イギリス人の従兄弟Pierrotの名前の間違った発音を元にしてペヨという名前を用い始めた。
==キャリア==
彼はプロとしてのキャリアを始めた初期に、イギリス人の従兄弟Pierrotの名前の間違った発音を元にしてペヨという名前を用い始めた。
 
ペヨは、ブリュッセルのAcadémie Royale des Beaux-Artsを卒業直後から仕事を始めた。小さなアニメーションスタジオのCompagnie Belge d'Animationで、[[アンドレ・フランカン]]、モリス、[[エディ・パープ]]ら、後の同業者と出会った。戦後、スタジオが閉鎖すると、同僚達は[[デュピュイ]]社へ移籍したが、数歳若かったペヨは受け入れられなかった<ref name=Weyer/>。しかし彼は新聞用の初めての漫画''La Dernière Heure''を製作した他、その他にも多くの宣伝用イラストを描いて収入を得た。1949年から1952年にかけては、[[ル・ソワール]]紙に猫を主人公とした漫画''Poussy''を連載した。同じ新聞では、''Johan''という作品も連載している。
 
1959年、スマーフは自身の連載を持つようになり、1960年にはさらに''Steven Strong''と''Jacky and Celestin''という2つが始まった。Will、Yvan Delporte、Roger Leloup等、Marcinelle schoolに所属する多くの漫画家が加わってペヨはますます営業と監督に専念するようになり、実際の執筆には携わらなくなった。息子のThierry Cullifordにはスタジオの運営、娘のVéroniqueにはキャラクター商品の販売に当たらせた<ref name=Weyer/> 。
 
1992年、[[心臓発作]]によりブリュッセルで死去。64歳没。
 
==受賞等==
[[Category:ベルギーの漫画家]]
[[Category:ブリュッセル出身の人物]]
[[Category:イギリス系人]]
[[Category:1928年生]]
[[Category:1992年没]]