「隠岐騒動」の版間の差分

m
 
== 騒動の概要 ==
隠岐の住民たちは、従来より[[尊王攘夷]]志向が強かった。同様に尊王志向の強い[[十津川]]では「文武館」(現、[[奈良県立十津川高等学校]])が儒者[[中沼了三]]により設立されていた。これを知った中沼の弟子の中西毅男は、同名の学校設立の嘆願書を同士73名の連署を得て、新任の郡代である山郡宇右衛門に願い出たが、取り下げられた。[[慶応]]4年([[1868年]])2月、[[神官]]・[[庄屋]]ら島民有志が[[徳川慶喜]]への[[直訴]]をしようと[[京都]]に向かうが、本州に上陸後に[[長州藩]]の取り調べを受け、[[王政復古]]がなったことを知り、退却した。また、山陰道鎮撫使総監の[[西園寺公望]]から隠岐国の庄屋方へ宛てられた書状を、山郡が庄屋らに渡る前に開封したことが露見する。これらを受けて3月15日、島後の庄屋職の会合が郡代追放でまとまると、島前の庄屋らにも参加を求めた。そして3月19日早朝、島後・島前の住民およそ3000人が隠岐郡代の陣屋を急襲し、山郡は隠岐から追放され、施政機関としての総会所が陣屋に設置され、島民による自治が開始された。
 
== 騒動のその後 ==
6,574

回編集