「ペレストロイカ」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ソビエト連邦共産党]]による[[一党独裁制]]が60年以上も続いたことにより、硬直した政府を立て直すため、[[1985年]]に共産党書記長に就任した[[ミハイル・ゴルバチョフ]]が提唱・実践した。あわせて進められた[[グラスノスチ]](情報公開)とともに、ソビエト連邦の政治を民主的な方向に改良していった。
 
[[1987年]]のロシア革命70周年記念の[[軍事パレード]]の際、ロシア語で「民主主義、平和、ペレストロイカ、加速」と書かれた大きな立て看板が[[グム]]に立てかけられ、テレビ中継でアナウンサーが読み上げた<ref>[https://www.youtube.com/watch?v=LrKQbbYkY5k Soviet October Revolution Parade, 1987 Парад 7 ноября]YouTube(17分40秒あたり)</ref>。以降、ソ連国内に広く浸透していった。
 
ゴルバチョフは、[[社会主義]]体制の枠内での改革を志向したが、高まる[[国民]]の不満を背景に、社会主義体制そのものの放棄と、連邦制の崩壊につながった。
[[コーカサス]]ではカタストロイカと呼ばれる。民族意識が高揚し、この地域でも民族対立が表面化した。現在(2000年代初頭)でも完全な解決に至っていない<ref name="hirose">廣瀬陽子「ペレストロイカからカタストロイカへ」/ 北川誠一・前田弘毅・廣瀬陽子・吉村貴之編著『コーカサスを知るための60章』明石書店 2006年 132ページ</ref>。
 
まず、1987年半ばから[[アゼルバイジャン]]内で[[ナゴルノ・カラフ紛争]]が起こっている<ref name="hirose" />。
 
== 脚注 ==
== 関連項目 ==
[[ファイル:1988 CPA 5942.jpg|thumb|right|300px|「ペレストロイカ - それは大衆の活発で独創的な生産活動の支えである」<br/>1988年に発行された切手]]
[[ファイル:1988 CPA 5941.jpg|thumb|right|300px|1988年に発行された切手]]
{{Wiktionary|перестройка}}
* [[改革開放]]