「ハワイ語」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(モデル模範))
m
'''ハワイ語'''({{Lang-haw|ʻŌlelo Hawaiʻi}})は、[[オーストロネシア語族]]に属し、[[ハワイ諸島]]先住民の[[ポリネシア人]]であるハワイ人の先祖代々の言語である。[[英語]]とともに[[ハワイ州]]の公用語に指定されている。特徴として、例えばWIKIPE'''D'''IAがWIKIPE'''K'''IAとなる等、本来「t」と「k」を区別しない点などが挙げられる。近縁の[[ポリネシア語]]と同様に、用いられる[[音素]]が非常に少ないことである(後述する[[#ハワイ語のアルファベット]]の章を参照のこと)。この音素の「t」の発音は[[ハワイ諸島]]の[[カウアイ島]]側の地域で一般的であり、「k」の発音は[[ハワイ島]](Big island)側の地域で用いられる{{要出典|date=2011年8月|title=★異音として前舌母音の後では t になる、という話を聞いたことがあります。}}。
 
ハワイ語は、[[サモア語]]、[[マオリ語]]などの[[ポリネシア語]]とごく近い関係にあり、一部の[[アジアマレー諸島]]南部や[[マダガスカル]]の言語ともやや遠いが、「親類関係」にあたる。
 
ハワイアン・[[クレオール]]とも呼ばれるハワイの混成語は[[英語]]を元にした地域言語であり、ハワイ語や、[[製糖]]・[[パイナップル]]栽培等の為に雇われた[[日本人]]や[[中国人]]を主とする移住民が持ち込んだ、[[アジア]]の言語からも一部の語彙を借用している。
ハワイ語も上記特徴にもれない。
表記系においては、[[サモア語]]や[[タヒチ語]]などと同様、音素とアルファベットがほぼ完全に一対一対応している。
ハワイ語に用いるアルファベット({{lang|haw|ka pī‘āpāpīʻāpā Hawai‘iHawaiʻi}} ; カピーッアーパーハワイッイ)は以下の13字<ref>[[ニューギニア]]の[[ロトカス語]](11文字)、[[ピラハー語]](10文字)などとともに、最も構成字種数の少ない表記系のひとつであるとされる。</ref>。
長母音は[[マクロン]](ハワイ語: {{lang|haw|kahakō}} ; カハコー)を使って表す。
 
*[[母音]] : {{lang|haw|'''a''', '''e''', '''i''', '''o''', '''u'''}}
*[[子音]] : {{lang|haw|'''p''', '''k''', '''m''', '''n''', '''w''', '''l''', '''h''',''' ʻ'''}}
 
これらの音価はおおむね字のとおりだが、[[アポストロフィ]]に似た文字「{{lang|haw|'''[[ʻ''']]}}」(または「'''`'''」)は、オキナ({{lang|haw|ʻokina}} ; 後述)と呼ばれる[[声門閉鎖音]] {{IPA|ʔ}} である。
 
長音には必ず[[アクセント]]が置かれる。[[英語]]のように長さによって母音の音色が変わることはない。
 
長音には必ず[[アクセント]]が置かれる。[[英語]]のように長さによって母音の質が変わることはない。
音素の少なさから多くの[[異音]]が許されている。たとえば {{ipa|k}} は[[前舌母音]]の前で {{IPA|t}} 音に調音されることがよくあるし、{{ipa|w}} が {{IPA|v}} に近く発音されることも多い。
 
ハワイ語は、[[言語類型論]]において「[[摩擦音]]が1つしかない言語ではその摩擦音は [s] である」という説の反証でもある(ハワイ語唯一の摩擦音は [h] )。
 
=== オキナ ===
{{main|ʻ}}
ハワイ語の表記に用いられるアポストロフィに似た形の字母のこと。子音の一種・[[声門閉鎖音]] {{IPA|ʔ}} を表す文字である。
 
たとえば、「ハワイ」「オアフ」の本来の発音はそれぞれ {{IPA|ha.ˈvai.ʔi}}<ref>カナで表すなら「ハワイッイ」「ハヴァイッイ」。ただし4拍で発音すること。日本語風に「ッ」で1拍とってはいけない。</ref>、{{IPA|o.ˈʔa.hu}} ([[国際音声記号|IPA]])であるが、これをそれぞれ {{lang|haw|'''Hawaiʻi'''}}、{{lang|haw|'''Oʻahu'''}} のように綴る。
 
[[ユニコード]]などでは正式には「{{lang|haw|'''ʻ'''}}」(&amp;#x02bb;)(U+02BB)を用いるが、対応していない[[フォント]]や[[ウェブブラウザ]]では正しく表示されないので、シングルクォートの開き「''''''」(&amp;#x2018;)が妥協案。左に傾いた引用符「'''`'''」 (backtick) や下が太い引用符を使うこともしばしばある。
 
== 広く知られたハワイ語の語句 ==
*{{仮リンク|アロハ (挨拶)|label=アロハ|haw|aloha|preserve=1}}
*{{仮リンク|アロハ・オエ|haw|Aloha ʻOe|preserve=1}} - ハワイ王国の歌。
1,513

回編集