「ニコライ・カルポリ」の版間の差分

編集の要約なし
'''ニコライ・カルポリ'''({{Lang-ru|Николай Васильевич Карполь}}, {{Lang-en|Nikolay Vasiliyevich Karpol}}, [[1938年]][[5月1日]] - )は、[[ポーランド第二共和国]]・[[ベスト ジュニカ]]<ref>[http://www.vb.by/sport/7517.html]</ref>・(現在の[[ベラルーシ)|ベラルーシ・]]の[[ブレスト]]出身の[[ロシア]]の[[バレーボール]]指導者。'''ロシアの赤鬼'''の異名を持つ。
 
[[1979年]]に[[バレーボールロシア女子代表]]監督に就任。[[1980年]]のモスクワ五輪、[[1988年]]のソウル五輪でチームを金メダルに導く。[[2004年]]のアテネ五輪を最後に監督を辞任した。試合の時はよく顔を真っ赤にさせて怒っていた。この怒りはとても激しく、[[日本]]の[[テレビジョン放送局]]、[[テレビ朝日]]制作の番組「[[マツコ&有吉の怒り新党]]」の番組内コーナー「新・3大〇〇調査会」で紹介されたほどである。<ref>2013年4月17日放送</ref>しかし、オリンピックの試合が終わった直後だけはやさしい表情で選手たちに労をねぎらっていた。
34

回編集