「ブダペスト包囲戦」の版間の差分

=== ソ連軍ブダペスト進出 ===
[[ファイル:BUDAPEST 45 VI.jpg|thumb|right|300px|1945年、ブダペストで攻勢を仕掛ける赤軍将兵]]
1944年10月29日、ソビエト赤軍はブダペストへの攻撃を開始し、2つに分けられた1,000,000名以上のソビエト赤軍将兵は迅速にブダペストへと進撃した。ソビエト赤軍の作戦はドイツ軍・ハンガリー軍の残存部隊をブダペストから駆逐することであり、1944年11月7日、ソビエト赤軍・ルーマニア軍はブダペスト旧市街東20キロ郊外に達していた。12月19日、休養と再編成の後、ソビエト赤軍は攻撃を再開、12月26日には最後に残っていた連絡路であるブダペスト・[[ウィーン]]間街道をソビエト赤軍が切断、このためブダペストは包囲されることとなった。この一連の攻勢によりのさなか、ハンガリー「国民指導者 (Nemzetvezető)」サーラシ・フェレンツはすでに12月9日にブダペストから逃亡した。
 
ブダペスト包囲網下に残ったのはドイツ将兵33,000名、ハンガリー将兵37,000名、民間人800,000名。ドイツ総統[[アドルフ・ヒトラー]]はブダペストを要塞都市と宣言、包囲網の突破脱出を禁じ、第9SSアルペン軍団司令官{{仮リンク|カール・プフェッファー=ヴィルデンブルッフ|en|Karl Pfeffer-Wildenbruch}}親衛隊大将を守備隊の最高指揮官に任命した。
2,833

回編集