「リチャード・ブローティガン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[1984年]][[10月25日]]、[[カリフォルニア州]][[ボリナス]]の自宅で[[ピストル]][[自殺]]しているのが発見された。正確な死亡日時は不明であるが、[[9月14日]]ではないかと推測されている。
 
複数の作品に断片的に自伝的要素が織り込まれていると言われるが、極貧の中で満足な教育も受けずに育った少年時代は、詳細が不明である。評伝としては藤本和子著『リチャード・ブローティガン』(新潮社、20002002年)がある。
 
(以下、刊行年等の情報はブローティガンのアーカイブを参照した)