「野ばらのエチュード」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
品番:07SH 1233(レコード)
 
== 解説 ==
*5作ぶりの[[財津和夫]]作曲作品であり、現在までのところ、財津作曲による最後のシングルA面曲。財津によると、この曲は「[[アントニオ・ヴィヴァルディ|ビバルディ]]の『[[四季 (ヴィヴァルディ)|四季]]』のような曲を作って欲しい」と依頼され、財津自身は悩んだが、「ありがちなアイドルソングではなく、その『四季』を聴いているような気になれる曲ということだろう」と自分で解釈し、エレガントな雰囲気の曲を作ろうと努めたと言う<ref>[[東京新聞]] 2015年6月13日夕刊掲載「この道 財津和夫」</ref>。
 
*5作ぶりの[[財津和夫]]作曲作品であり、現在までのところ、財津作曲による最後のシングルA面曲。
 
*2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。
 
*この楽曲で1982年の『[[第33回NHK紅白歌合戦]]』に出場。
 
*[[江崎グリコ|グリコ]]「[[ポッキー]]」のCMソングに起用され、本人も出演した。撮影は北海道の函館で行われた。
 
*[[ザ・ベストテン|ザ・ベストテン]]出演時、リクエスト葉書に『野ばらの越中道』と誤記されていたことを司会者に披露されている。
 
*[[1982年の音楽]]
*[[1983年の音楽]]
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
{{松田聖子}}