「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 3 件をウィキデータ上の d:Q2273909 に転記)
編集の要約なし
[[Image:Serotonin (5-HT).svg|thumb|right|200px|[[セロトニン]]]]
[[ファイル:Noradrenalin - Noradrenaline.svg|thumb|right|200px|[[ノルアドレナリン]]]]
'''セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬'''(セロトニン・ノルアドレナリンさいとりこみそがいやく、'''SNRI''':Serotonin{{lang-en|Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors; '''SNRI'''}}<ref>日本語における「[[ノルアドレナリン]]」(またはドイツ語の"Noradrenalin")と英語における"norepinephrine"(ノルエピネフリン)の名称の相違については、[[アドレナリン#エピネフリンという名称]]を参照のこと。</ref>)は、[[抗うつ薬]]の一種。主に[[大うつ病]]や[[気分障害]]の治療に処方される。[[不安障害]]、[[強迫性障害]]、[[ADHD]]などでも処方されることがある。
 
[[選択的セロトニン再取り込み阻害薬]]('''SSRI''')の次の世代の抗うつ薬と言われている。[[シナプス]]における[[セロトニン]]と[[ノルアドレナリン]]の再吸収を阻害することで、これらの[[神経伝達物質]]の濃度を増加させることによりうつ症状を改善する。[[選択的セロトニン再取り込み阻害薬|SSRI]]が[[シナプス]]で放出されたセロトニンのみの再吸収を阻害し、このセロトニンの濃度を高める事によってうつ状態を改善させるのに加え、SNRIでは更にノルアドレナリンの再吸収を阻害することによって、興奮神経を刺激し、やる気や気分を向上させる効果も発揮する。
匿名利用者