メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[Image:Falco cherrug Qatar.jpg|thumb|230px|[[カタール]]で鷹狩に使われる[[セーカーハヤブサ]]]]
'''鷹狩'''(たかがり、{{lang-en-short|falconry, hawking}})は、[[鷹]]などの鳥を使った[[狩猟]]の一種。'''鷹野'''、'''放鷹'''とも言う。タカ科の[[イヌワシ]]、[[オオタカ]]、[[ハイタカ]]、およびハヤブサ科の[[ハヤブサ]]等を[[訓練]]し、鳥類やウサギ哺乳類(兎・狼・狐などの小動物を捕らえさせ、餌とすりかえる。あるじの元に運んでくるというのは俗信である。
 
こうして鷹を扱う人間は、'''鷹匠'''(たかじょう)と呼ばれる。日本語の古語においては鳥狩/鷹田(とがり)、放鷹、鷹野などとも称する。また、鷹を訓練する場所は'''鷹場'''(たかば)と称される。
匿名利用者