「姫神」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
** 星吉昭の長男で、1978年生まれ。1994年以降、作曲も含め姫神のアルバム制作に参加。また、コンサートにもシンセサイザーとパーカッションの奏者として出演。2004年10月1日の星吉昭の死去に伴い、姫神を継承した。2008年には新体制となって初のアルバムをリリース。
** 一関コミュニティFM「エフエムあすも」の番組「姫神・星吉紀の北天幻想」でパーソナリティを務めている。平泉町観光大使。岩手県文化特使。 
* 姫神ヴォイス:中島和子・藤井智子・志和純子・[[佐野よりこ]]・西風沢里絵
** 姫神(初代)が[[ブルガリアン・ヴォイス]]にヒントを得て結成した、女性の地声合唱団。
** 姫神はシンセサイザー奏者の星吉昭(現在は星吉紀)の[[ソロユニット]]なので、厳密には姫神ヴォイスはメンバーではないが、90年代後半以降の楽曲の多くに参加、コンサートにも出演している。
 
* [[1971年]] 星吉昭、ビクター電子音楽コンクールでグランプリを受賞し、シンセサイザー・ミュージックの先駆者としての歩みを始める。
* [[1980年]] 星吉昭([[キーボード_(楽器)|キーボード]])、[[佐藤将展]]([[ドラムセット|ドラムス]])、大久保正人([[ギター]])、伊藤英彦([[ベース (弦楽器)|ベース]])の4名で、「'''姫神せんせいしょん'''」結成。
* [[1981年]] キャニオン・レコード(現・[[ポニーキャニオン]])からシングル「[[奥の細道 (姫神のシングル)|奥の細道]]」でデビュー。同年1stアルバム「奥の細道」発売。シンセサイザーを用いて原・日本の風景を描き、注目を集める。
* [[1981年]] 「奥の細道」が、「[[IBC TOP40]]」でインストゥルメンタルでは異例の最高位3位(リクエストでは1位)を記録。年間チャートでは7位。
* [[エフエム沖縄]] - 「海道を行く」がクロージングに使われている。
* [[幻想水滸伝III]](ゲーム) - OP曲(「愛を超えて」)を提供。
* [[せんせいしょん]] - 2008年に、[[佐藤将展]](ドラムス)、大久保正人(ギター)、伊藤英彦(ベース)の3名でグループを結成、「[[せんせいしょん]]」名義で活動を開始する。1stアルバム『桃源郷』には、姫神せんせいしょんの1stアルバム収録曲「奥の細道」と「リ・ア・ス」のリメイク曲が収められている。アルバムプロデュースは、姫神せんせいしょんの生みの親「姉帯俊之」(IBC岩手放送プロデューサー)を起用。
 
== 外部リンク ==
5

回編集