「満屋裕明」の版間の差分

編集の要約なし
'''満屋 裕明'''(みつや ひろあき、[[1950年]][[8月]][[9日]]<ref name="asahi20050904KMSP2007" /> - )は、日本の[[ウイルス学]]者。[[熊本大学]]医学部内科学の教授。[[アメリカ国立癌研究所]]内科療法部門レトロウイルス感染症部部長。[[国立国際医療研究センター]]臨床研究センター長(2012年-)。[[HIV]]治療薬の研究で世界的に著名。
 
[[2007年]]には紫綬褒章、[[2015年]]には[[日本学士院賞]]を受賞。
 
== 略歴 ==
*[[1950年]][[8月]][[9日]] [[長崎県]][[佐世保市]]生まれ
 
=== 学歴 ===
*[[1980年]] 熊本大学医学部第二内科学講座助手
*[[1983年]] 渡米、[[アメリカ国立衛生研究所|国立衛生研究所]] 配属。
*: [[1983年]] [[アメリカ国立癌研究所]]客員研究員<ref name="asahi20110215KMSP2007">2011年2月15日の朝日新聞朝刊23面< /ref>
*: [[1985年]] [[アメリカ国立癌研究所]]臨床癌プログラムCancer Expert(上級研究員)
*: [[1989年]] 同プログラムSenior Investigator(主任研究員)
 
== 研究概要 ==
[[アメリカ国立衛生研究所]]。1985年、世界初の[[HIV]]治療薬「[[ジドブジン|AZT]]」を開発した<ref name="asahi20110215KMSP2007" />。同年にAZT開発について論文発表をしたが、アメリカでの特許は、実験に協力していたバローズウェルカム社が、満屋に無断で取得してしまった<ref name="asahi20110215">2011年2月15日の朝日新聞朝刊23面</ref>。満屋は同社が高価格でAZTを売り出したことに怒り、さらに新しいHIV治療薬の研究に励んだ<ref name="asahi20110215"/>。その結果、世界で2番目と3番目のHIV治療薬(「ddⅠ」と「ddC」)も満屋が開発した<ref name="asahi20110215"/>。なお、満屋がライセンスを企業に与える際には、適切な価格での販売を条件にしている<ref name="asahi20110215"/>。
 
== 受賞 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|refs=
<ref name="KMSP2007">{{cite news |title= 第12回慶應医学賞受賞者決定|author= 慶應義塾|date= 2007-09-26 |url= http://www.ms-fund.keio.ac.jp/prize/news/2007release-j.pdf |accessdate=2015-07-14 }}</ref>
<ref name="asahi20050904">{{cite news |title= 満屋裕明さん|author= 長崎緑子|newspaper= [[朝日新聞社]] |date= 2005-09-04 |url= http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000139999990327 |accessdate= }} {{リンク切れ|date=2015年3月}}</ref>
 
<ref name="nhk">{{Cite web |url=http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150312/k10010013361000.html |title=日本学士院賞に9人選ばれる |accessdate=2015-3-16 |date=2015-03-12 |publisher=[[日本放送協会|NHK]] |work=NHLニュース }}</ref>
<ref name="sportal">{{Cite web |url=http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/03/20150313_01.html |title=日本学士院賞に細野秀雄氏ら9人 |accessdate=2015-3-16 |publisher=[[科学技術振興機構]] |work=サイエンスポータル |date=2015-03-13 }}</ref>
533

回編集