「トヨタコミュニケーションシステム」の版間の差分

編集の要約なし
}}
 
'''株式会社トヨタコミュニケーションシステム'''(略称:TCS 英文社名:Toyota Communication Systems Co., Ltd.)は、[[トヨタグループ]]に属する情報システム会社で、[[トヨタ自動車]]100%出資の[[システムインテグレーター]]([[ユーザー系]])。[[トヨタ自動車]]と一体となり、トヨタの[[ReBORN]]をIT(情報技術)でサポートしている
 
== 概要 ==
トヨタコミュニケーションシステム(TCS)は[[トヨタ自動車]]、[[トヨタファイナンス]]等の基幹システム構築をはじめとしたトヨタグループ各社のグローバルな事業戦略をサポートする各種業務支援システムの開発を行っている。TCSはトヨタグループ各社の[[IT戦略]]を世界規模で推進するグローバルIT企業であり、トヨタ自動車の情報システム開発で培った広範囲で先進的なITソリューションを世界の市場に展開している。
 
TCSのキーワードは「大規模」、「最上流」、「グローバル」、「最先端」。トヨタグループの開発案件ではトップクラスのシェアがあり、プライムベンダーとしてトヨタ自動車およびグループ会社の情報システム部門を幅広く支えている。1990~91年にトヨタ自動車の情報システム部門が分離独立し、ベンダー各社との共同出資により設立されたトヨタグループのIT関連企業3社が2001年に再び合併したことにより発足。TCSは2006年の企業再編によって情報システム機能会社に位置付けられIT企業として専業化が図られた。以来、TCSはトヨタのクルマづくりをIT(情報技術)でサポートし、グローバルビジネスを推進する情報基盤(ITシンクタンク)としての役割を果たしている
 
また2011年には[[トヨタケーラム]]を子会社化してパッケージソフト分野を強化し、2012年にはTT Network Integration Asia Pte.Ltd.(TTNI-A)と資本提携し、グローバル展開を加速させている。以来、TCSはトヨタのクルマづくりをIT(情報技術)でサポートし、グローバルビジネスを推進する情報基盤(ITシンクタンク)としての役割を果たしている。
 
トヨタ自動車の情報システム部門から分離独立した経緯から、トヨタ自動車の情報システム領域4社(TMC、TCS、TDC、TCI)として人材交流が盛んである。
 
== 略称 ==
トヨタグループ内での略称 "TCS" は英文社名(Toyota Communication Systems Co., Ltd.)の頭文字を取ったものだが、インドの[[タタ・グループ]]に属するITコンサルティング企業[[タタ・コンサルタンシー・サービシズ]]や独立系ソフトウェア企業の[[TCSホールディングス]](東京コンピュータサービス)との混同を避けるため、メディア等ではトヨタCSやトヨタコミュニケーション、トヨタコミュ等と表記されることがある。
 
== 事業所 ==
499

回編集