「第23回衆議院議員総選挙」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(北方領土北方地域
m
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(北方領土北方地域))
'''第23回衆議院議員総選挙'''(だい23かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、[[1947年]]([[昭和]]22年)[[4月25日]]に行われた[[日本]]の[[国会 (日本)|国会]]([[衆議院]])[[議員]]の[[選挙]]である。[[衆議院]]第一党である[[日本自由党 (1945-1948)|日本自由党]]の総裁ではあったものの[[貴族院 (日本)|貴族院]]議員である[[吉田茂]]が[[総理大臣]]となっていた[[第1次吉田内閣]]は、「天皇の大命により組閣する」という[[大日本帝国憲法]]下の手続きを経て作られたものであったので、[[日本国憲法]]の施行を直前にして自らの正統性を世に問う目的で行われた。
==概説==
総選挙実施に先立って[[衆議院議員選挙法]]の別表改正が行われ、戦前の[[第16回衆議院議員総選挙|第16回]]([[1928年]])から[[第21回衆議院議員総選挙|第21回]]([[1942年]])まで用いられた[[中選挙区]]が復活。但し、[[ソビエト連邦|ソ連]]占領下の[[北方地域|北方領土]](選挙区上は[[北海道第5区 (中選挙区)|北海道5区]]の一部)及び[[アメリカ合衆国|米国]]占領下の[[小笠原諸島]](選挙区上は[[東京都第2区 (中選挙区)|東京2区]])には衆議院議員選挙法を適用しない旨が明記された。また、同様に米国占領下にあった[[奄美群島]](選挙区上は[[鹿児島県第3区 (中選挙区)|鹿児島3区]])及び[[沖縄県]]([[沖縄県全県区|全県区]])については当分の間、衆議院議員選挙法を適用しないこととされた。
 
==選挙データ==