メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{要出典|穢れまたは不浄に相当する観念は世界的に見られ、質・程度の差こそあれ多くの文化に存在し、[[宗教学]]的、[[文化人類学]]的に見て重要な概念である。穢れたものは、それに物理的に触れることだけでなく精神的に触れることによっても「穢れ」が「[[伝染]]」すると見なされている。|date=2015年3月}}手や体を水で洗うことは目に見える汚れを落とすと同時に「穢れを祓う」ことでもあると考えられている。近・現代の[[自然科学]]的な説明体系では手や体を水で洗うことは「[[病原体]]を洗い流すために洗う」などと説明するが、そうした説明体系・観念体系とは異なった[[言語ゲーム|言葉の体系]]となっている。
穢れ観念は現代でも[[禊]]、[[潅頂]]や[[洗礼]]を始め様々な宗教儀式に名残を留めている。{{要出典|神道の「罪穢れ」のように罪と穢れを同列に扱う考え方も、古代には特殊なものではなかったと考えられている。|date=2015年3月}}
穢れているとされる対象としては、[[死]]・[[病気]]・[[怪我近親相姦]]・[[女性獣姦]]・蠱物(まじもの)、ならびにこれらに関するものが代表的である。
 
「[[天つ罪]]」(あまつつみ)を例にすると、畔放(あはなち)、溝埋(みぞうめ)、樋放(ひはなち)、頻蒔(しきまき)、串刺(くしざし)、生剥(いきはぎ)、逆剥(さかはぎ)、屎戸(くそへ)である。
具体例を挙げると、文化・宗教によって大きく異なるが、排泄物・腐敗物、[[血]]・体液・[[月経]]・[[出産]]、特定または一般の[[動物]]・食物、女性・男女間のあらゆる接触ならびに行為(ごくまれに男性、同性間の性関係ならびに行為)・自らの共同体以外の人(他県人・外国人・異民族)やその文化・特定の血筋または身分の人(不可触賎民など)・特定の職業(芸能、金融業、精肉業等)・体の一部(左手を食事に使ってはならない等)などがある。これらは必ずしも絶対的な穢れのみというわけではなく、行為などによって異なることが多い(例えば、ある動物に触れるのは構わないが食べてはいけない、など)。
 
具体例を挙げると、文化・宗教によって大きく異なるが、排泄物・腐敗物、[[血]]・体液・[[月経]]・[[出産]]、特定または一般の[[動物]]・食物、女性・男女間のあらゆる接触ならびに行為(ごくまれに男性、同性間の性関係ならびに行為)・自らの共同体以外の人(他県人・外国人・異民族)やその文化・特定の血筋または身分の人(不可触賎民など)・特定の職業(芸能、金融業、精肉業等)・体の一部(左手を食事に使ってはならない等)などがある。これらは必ずしも絶対的な穢れのみというわけではなく、行為などによって異なることが多い(例えば、ある動物に触れるのは構わないが食べてはいけない、など)。
 
穢れの観念は民間信仰はもとより、多数の有力宗教にも見られる。[[ユダヤ教]]では古くから様々な穢れの観念が事細かに規定され、これは[[食タブー]]などに関して[[イスラム教]]にも影響を与え、現代でも多くの人々の生活様式に影響を残している。[[バラモン教]]の穢れ観念は現代の[[ヒンドゥー教]]に受け継がれ、また[[仏教]]にも影響を残した。
{{要出典|「けがる」と「よごる」の違いは、「よごる」が一時的・表面的な汚れであり洗浄等の行為で除去できるのに対し、「けがる」は永続的・内面的汚れであり「清め」等の儀式執行により除去されるとされる汚れである。主観的不潔感。|date=2015年3月}}
 
併せて「罪穢れ」と総称されることが多いが、{{要出典|罪が人為的に発生するものであるのに対し、穢れは自然に発生するものであるとされる。|date=2015年3月}}{{要出典|穢れが身体につくと、個人だけでなくその人が属する[[共同体]]の秩序を乱し災いをもたらすと考えられた。|date=2015年3月}}穢れは普通に生活しているだけでも蓄積されていくが、死・疫病・出産・月経、また犯[[国つ]](くにつつみ)によって身体につくとされ、穢れた状態の人は祭事に携ることや、宮廷においては朝参、狩猟者・炭焼などでは山に入ることなど、共同体への参加が禁じられた。{{要出典|穢れは[[禊]](みそぎ)や[[祓]](はらえ)によって浄化できる。「罪」は「恙み(ツツガミ)」から、精神的な負傷や憂いを意味する。|date=2015年3月}}
 
戦後の[[民俗学]]では、「ケガレ」を「気枯れ」すなわち[[ケとハレ|ケ]]がカレた状態とし、[[祭]]などのハレの儀式でケを回復する(ケガレをはらう、「気を良める」→清める)という考え方も示されている。この点については「[[ハレとケ]]」の項目も参照。
576

回編集