「青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
| Next album = [[初夏の頃 〜IN EARLY SUMMER〜]]<br/>([[1997年]])
| Misc = {{Singles
| Name = 青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜
| Type = スタジオ・アルバム
| Single 1 = [[さよならゲーム (曲)我が心のマリア|恋は魔法よならゲーム]]
| Single 1 date = 1996[[1995]][[97301日]]
| Single 2 = [[さよならゲーム (曲)|さよならゲーム]]
| Single 2 date = 1996年[[9月30日]]
}}
}}
 
== 概要 ==
前作『[[その永遠の一秒に|その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜]]』から3年振りのオリジナルアルバムで、収録曲の「[[さよならゲーム (曲)|さよならゲーム]]」が先行シングルとして発売された。浜田のルーツである[[リズム・アンド・ブルース|R&B]]をベースに作成されたアルバム。
 
[[1990年代]]前半の精神的に落ち込んでいた状態から抜け出し、ポジティブなメッセージが力強く描かれている。テーマは「新しい恋に落ちた瞬間」(=青空への扉を開けるとき)である。構想の段階から、[[ラブソング]]だけのアルバムを作るつもりで制作された。
 
== 収録曲 ==
#'''[[:en:Be My Baby|BE MY BABY]]'''
#:<small>(作詞・作曲:[[フィル・スペクター|Phil Spector]]、[[エリー・グリーンウィッチ:en:Ellie Greenwich|Ellie Greenwich]]、[[ジェフ・バリー:en:Jeff Barry|Jeff Barry]]、編曲:[[町支寛二]])</small>
#:[[ザ・ロネッツ]]の[[1963年]]のヒット曲のカバー。[[フィル・スペクター]]のウォール・オブ・サウンドを代表する楽曲。
#'''[[さよならゲーム (曲)|さよならゲーム]]'''
#'''君去りし夏'''
#:<small>(作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二)</small>
#'''[[我が心のマリア|恋は魔法さ]]'''
#:<small>(作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生)</small>
#:[[1995年]]に発売された、[[ロード&スカイ|事務所]]の後輩の[[スピッツ (バンド)|スピッツ]]等とコラボレーションした楽曲のアルバム・バージョン。
#'''君がいるところが My sweet home'''
#:<small>(作詞・作曲:浜田省吾、編曲:[[古村敏比古]])</small>
#:浜田曰く「曲を作っていると、中には凄い手ごたえというか、満足感を得られる曲がある」という作品である。
 
== 脚注外部リンク ==
* [http://shogo.r-s.co.jp/disco/album20.html 青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜] SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE
{{Reflist}}
 
{{浜田省吾}}
{{オリコン週間アルバムチャート第1位 1996年|[[1996年]][[11月25日]]付}}
 
6,847

回編集