「鈴木重家」の版間の差分

編集の要約なし
| 兄弟 = '''重家'''、重源、[[亀井重清]]
| 妻 = [[小森御前]]
| 子 = 重勝、'''[[鈴木重次|重次]]'''、重義
| 特記事項 =}}
 
* 妻:[[小森御前]]
** 長男:鈴木重勝
** 次男:[[鈴木重次]]
** 三男:鈴木重義
 
重家の次男・[[鈴木重次|重次]]の直系は[[藤白鈴木氏]]として続いた。この一族からは[[雑賀党鈴木氏]]や、[[江梨鈴木氏]](後裔に[[小屋瀬鈴木家]])などが出て各地で栄え、系譜は現在に続いている。伊予土居氏の祖・土居清行は重家の長男とされ、[[河野氏]]に預けられて土居氏を称したと伝わる。重家の子のひとりとされる鈴木小太郎重染は、父の仇を討つため故郷の紀伊国から陸奥国に入り、奥州江刺に到って義経・重家の追福のため鈴木山重染寺を建てたと云われる。
 
重家は衣川館で自害せずに現在の[[秋田県]][[羽後町]]に落ち延びたという伝承もある。その子孫とされる鈴木氏の住宅「鈴木家住宅」は国の重要文化財に指定されている。他に、平泉を脱した後、義経の命により[[岩手県]][[宮古市]]にある[[横山八幡宮]]の[[宮司]]として残ったと記す古文書もある。
匿名利用者