「日興」の版間の差分

-一部転記テンプレ,一部転記に伴うcl,WP:POV→‎身延離山: 新しい節,→‎参考文献: +日蓮宗現代宗教研究所
(-一部転記テンプレ,一部転記に伴うcl,WP:POV→‎身延離山: 新しい節,→‎参考文献: +日蓮宗現代宗教研究所)
{{一部転記|富士門流|富士門流#一部転記提案|date=2015年7月}}
{{Otheruses|人物|証券会社|SMBC日興証券}}
{{Buddhism}}
* 弘安5年([[1282年]])9月、日蓮は『日蓮一期弘法付嘱書』(身延相承)をもって日興を本門弘通の大導師と定め、10月13日、『身延山付嘱書』(池上相承)をもって身延山[[久遠寺]]の別当職(貫主)と定めて死去した、と日蓮正宗では主張している{{Sfn | 富士学林研究科 | 2006 | pp =5,7-8,12 | ps = -但し、前書をもって「滅後の大導師〔と定めた〕」とある。}}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 181 | ps = -但し、両書の別名が身延相承・池上相承あることを除く。}}。その一方で、日蓮宗は、両書を宗祖滅後150年頃成立の偽書とし{{Sfn | 宮崎英修 | 1978 | p = 185 }}{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 294 }}、同主張を是としていない<ref group="注釈">{{Harv | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 1315 }}に、身延山の開山は宗祖、2世は日向とある。</ref>。日蓮正宗では、両書をあわせて『[[二箇相承|二箇相承書]]』としている{{Sfn | 日蓮正宗宗務院 | 1999 | p = 230 }}。
* 弘安10年([[1287年]])10月13日、初めて大曼荼羅本尊を書写([[宮城県]][[登米市]]・[[上行寺 (登米市)|上行寺]]所蔵)。
: その後、日向や、身延の地頭・[[波木井実長]]との意見の相違から、日興は身延山を降りた ([[富士門流#鎌倉時代・建武の新政身延離山|身延離山]])。
* [[正応]]元年([[1288年]])12月16日、[[久遠寺|身延山久遠寺]]を出立、越前房の私坊に逗留する。
* 正応2年(1289年)6月5日、富士河合の由比入道の家に逗留する。しばらくして駿河国上野郷の南条時光の館(現在の[[下之坊]])に逗留する{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 183a | ps = -但し、日付は除く。 }}。
* 正応3年([[1290年]])10月12日、[[南条時光]]の寄進により[[大石寺]]が建立し、翌日の10月13日、日興は日目に内々に法を付し{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 183b }}、大石寺学頭として、第三祖[[日目]]が一門の統率をした。同年、弟子らにより宿坊が建立された。
* 永仁6年([[1298年]])2月、足かけ10年過ごした大石寺を離れ、日興は重須談所(大石寺近郊、現在の[[北山本門寺]])に移った{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 185a }}。
* [[正慶]]2年([[1333年]])1月13日、二十六箇条の『遺戒置文』をもって将来の指針を示し、2月7日、88歳をもって、35年に渡って住んだ重須にて死去した{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 187 }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 185b | ps = -但し、重須に35年に渡って住んだことのみ。}}{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651651a | ps = -但し、没年月日と享年ならびに重須にて死去したことのみ。}}。
 
=== 身延離山 ===
[[1282年]]([[弘安]]5年(1282年)の宗祖滅後、門祖日興は久遠寺の輪番を軸に駿河を中心として甲斐・伊豆方面を布教{{Sfn | 宮崎英修 | 1978 | p = 220b220 | ps = -但し、輪番を軸とすることを除く。}}{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651a651b }}。同じく六老僧の一人[[日向 (日蓮宗) |日向]]や、門祖日興の教化により入信したにも拘らず日向を師と選択した[[南部実長|波木井実長]]と対立した門祖日興<ref>『原殿御返事』正応元年十二月十六日 日興筆。但し、波木井実長と門祖日興に関することのみ。</ref>は、[[1288年]]([[正応]]年(1288年)身延の山を降りた{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651a651b }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 182 }}(身延離山)。この背景原因の一つ、波木井実長が宗祖の禁じた九品念仏の道場建立を行ったことが考えられている{{Sfn|宗旨建立750年慶祝記念出版委員会| 2002 | p = 182}}。
 
またこの際、日蓮正興がでは、門は身延離山の際宗祖御灰骨など一切を携えて下山したと日蓮正宗では主張している{{Sfn | 富士学林研究科 | 2006 | p = 156 }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 116 }}とするが。その一方で、日蓮宗はこれに反駁を加えている{{Sfn | 日蓮宗現代宗教研究所 | 2006 | pp = 68-82}}。
 
== 五一相対 ==
* {{Cite book | 和書 | author = 榎木境道 | date = 2007-7-22 | title = 富士門流の歴史 重須篇 | publisher = 妙教編集室 | ncid = BB02958240 | oclc = 838850738 | ref=harv }}
* {{Cite book | 和書 | editor = 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | others = 阿部日顕(監修) | title = 日蓮正宗入門 | url = http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/ | accessdate = 2014-12-05 | edition = 第2版 | date = 2002-10-12 | publisher = 大石寺 | isbn = 978-4904429778 | ncid = BA56841964 | oclc = 675627893 | ref = harv }}(ISBNは、改訂版のもの。)
* {{Cite book | 和書 | editor = 日蓮宗現代宗教研究所 | title = 創価学会批判 | origdate = 1955-07-28 | edition = 復刻版 | date = 2006-10-13 | publisher = 日蓮宗宗務院 | ncid = BA78909030 | oclc = 676415868 | ref = harv }}
* {{Cite book | 和書 | editor = 日蓮宗事典刊行委員会 | year = 1981 | date = 1981-10-13 | title = 日蓮宗事典 | publisher = 日蓮宗宗務院 | ncid = BA61075492 | oclc = 17071163 | asin = B000J7QTDQ | ref = harv }}
* {{Cite book | 和書 | editor = 日蓮宗寺院大鑑編集委員会 | title = 日蓮宗寺院大鑑 | edition = 初版 | date = 1981-01-01 | publisher = 大本山池上本門寺 | ncid = BN01669639 | oclc = 33874438 | asin = B000J80LMK | ref = harv }}
[[Category:1246年生]]
[[Category:1333年没]]
 
[[1282年]]([[弘安]]5年)の宗祖滅後、門祖は久遠寺の輪番を軸に駿河を中心として甲斐・伊豆方面を布教{{Sfn | 宮崎英修 | 1978 | p = 220b | ps = -但し、輪番を軸とすることを除く。}}{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651a }}。同じく六老僧の一人[[日向 (日蓮宗) |日向]]や、門祖の教化により入信したにも拘らず日向を師と選択した[[南部実長|波木井実長]]と対立した門祖<ref>『原殿御返事』正応元年十二月十六日 日興筆。但し、波木井実長と門祖に関することのみ。</ref>は、[[1288年]]([[正応]]元年)身延の山を降りた{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651a }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 182 }}(身延離山)。この背景には、波木井実長が宗祖の禁じた九品念仏の道場建立を行ったことが考えられる{{Sfn|宗旨建立750年慶祝記念出版委員会| 2002 | p= 182}}。
 
また、日蓮正宗では、門祖は身延離山の際宗祖御灰骨など一切を携えて下山した{{Sfn | 富士学林研究科 | 2006 | p = 156 }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 116 }}とするが、日蓮宗はこれに反駁を加えている{{Sfn | 日蓮宗現代宗教研究所 | 2006 | pp = 68-82}}。
1,382

回編集