「金峯山寺」の版間の差分

* 金銅装笈(こんどうそう おい)
* 銅燈籠 文明三年銘
* [[梵鐘]] - 永暦元年(1160年)の銘がある大型の梵鐘。[[東大寺]]の鐘(「奈良太郎」)、[[高野山]]の鐘(「高野次郎」)と並び「吉野三郎」と称される。廃絶した[[世尊寺跡|世尊寺]]の鐘で、現在も世尊寺の旧地(蔵王堂から歩いて1時間ほどの吉野水分神社近く)にある鐘楼に所在する。
* 線刻蔵王権現鏡像 - 鋳銅製の八稜鏡の鏡面に線刻された蔵王権現像で、線刻鏡像の中でも優れた作品である。
 
典拠:2000年までの指定物件については『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。
 
== 年中行事 ==
* 2月3日 節分会・鬼火の祭典