「順世派」の版間の差分

m
典拠追加
m (ボット: 言語間リンク 27 件をウィキデータ上の (d:Q477243 に転記))
m (典拠追加)
アジタ・ケーサカンバリンは[[地]]・[[水]]・[[火]]・[[風]]の四元素説を唱えた。これは4要素の離合集散で[[世界]]を説明し、[[霊魂]]の存在を完全に否定するものであり、[[ヴェーダ]]に示される正統[[バラモン教]]における[[アートマン]](ātman、我、真我)をも否定するものであった。当時、汎インド的に最も重要視された[[業]](karma、カルマ)の報いについても、霊魂の行くべき道を示した業のはたらきや[[善悪]]の[[行為]]の報いを完全に否定し、[[来世]]を認めず、[[道徳]]も[[宗教]]も不必要なものであると断じて[[無神論]]の立場に立ち、人間には生得的な目的が備わっていたり、守らなくてはならない規範があるという従来の伝統的な共同体[[倫理]]を否定した。
 
[[マウリヤ朝]]の[[チャンドラグプタ (マウリヤ朝)|チャンドラグプタ]]の側近にして冷徹な思想家でもあった[[カウティリヤ]]の著書と伝承される『[[実利論]]』第1巻第2章には、「哲学は[[サーンキヤ]]と[[ヨーガ]]と順世派(ローカーヤタとである」<ref>上村勝彦『実利論』岩波文庫, 1984, 上巻, 28頁</ref>との一文がある。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==
216

回編集