「45度線分析」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
* <math>M</math>:輸入
 
この総需要曲線と45度線の交点で国民所得が決定されるのである。なお、このケインジアンモデルは短期のモデルであり、物価は定数であるとされている(参照: [[有効需要の原理]])。すなわち、企業は需給ギャップに対して価格調整でなく数量調整を行う。この前提のもとでは、45度線と総需要曲線の交点の左側では総需要が生産量を上回っているため、企業はより多くの財を生産する。45度線と総需要曲線の交点の右側では、生産量が総需要を上回っており、企業は財の生産を減らそうとする<ref name = "Andrew 2001" />。そのため、このグラフで表される経済は常に45度線と総需要曲線の交点に向かって動く<ref name = "Andrew 2001" />。この交点を均衡点と言う
 
==参考文献==