「サームプラヤー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
||その他の呼称|| <center>\</center>
|-
||前の王||[[ナカリンタラーティラート王]]
|-
||次の王||[[ボーロマトライローカナート王]]
|}
'''サームプラヤー王'''は[[タイ王国|タイ]]の[[アユタヤー王朝]]の8代目の[[王]]。ちちである[[ナカリンタラーティラート王]]が死んだ時、その兄弟三人が争ったその中の一人がサームプラヤーであった。後に、[[アンコール・トム]]を攻略し、[[クメール]]からクメール官吏を捕虜として連れて来た。それにより、[[バラモン教]]の文化面がアユタヤー王朝に入り込み、[[サックディナー制度]]と呼ばれる[[封建制度]]に似たシステムを設立導入したり、親である王が、子である国民と友好的な国作りをするという''親子疑似体制''に代わって、王は神であるとするバラモン的な'''神王思想'''を導入したり、宮中儀式をバラモン風に改めたりした。後に、'''神王思想'''は[[王語(タイ)|王語]]を生み出したりもした。特にサックディナー制度は以降、[[タイの王朝]]の基本的体制となる。この王の時代[[スコータイ王朝]]は完全に、[[アユタヤー王朝]]の支配下に入った。
 
'''関連項目'''
13,242

回編集