メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''分離主義'''(ぶんりしゅぎ)は、国内における民族的、宗教的、人種的な少数派が、中央からの[[分離独立]]を目指すことを指す。
 
対応は、その国の情勢次第である。独立を認めることもあるし、[[自治権]]で妥協させることもある。また実力で封殺することもある。あるいは、自主[[財源]]がないなどの理由で、大きな声にならないこともある。
*[[エリトリア]]、[[東ティモール|東ティモール民主共和国]]、[[南スーダン]]:長い独立闘争の末勝ち取ったものであり、後は国家運営を軌道に乗せるだけである。
*[[スペイン]]の[[スペイン・バスク|バスク地方]]・[[カタルーニャ州]]、[[イギリス]]・[[北アイルランド]]:[[ハト派]]は納得しているが、[[タカ派]]は[[武装闘争]]を厭わない。
*[[中華人民共和国]]における[[中華民国]]・[[チベット]]・[[東トルキスタン]]・[[内モンゴル自治区]]、[[イラク]]北部及び[[トルコ]]の[[クルディスタン|クルド人]]地域]]、[[アンゴラ]]における[[カビンダ]]:[[警察]]機関や[[軍隊]]を使って独立派を摘発し、多数派住民を送り込んで、[[先住民]][[少数派]]にしようとする。
*イギリスにおける[[スコットランド]]、[[カナダ]]における[[ケベック州]]、日本における[[琉球]]と[[アイヌ]]。普段は独立論は強くならないが、[[差別]]問題が起きれば、強くなる。
[[ナイジェリア]]における[[ビアフラ共和国|ビアフラ]]や[[ロシア]]における[[チェチェン共和国|チェチェン]]のように、一度独立を宣言した勢力を内戦の末に滅ぼすこともある。
 
国際的に承認されていない[[ソマリランド]]、イタリア北部の独立を掲げるイタリアの政党・[[北部同盟 (イタリア)|北部同盟]]のように、経済的な理由(利益配分の不均衡など)から分離独立を実行したり、主張したりするケースもある。[[ユーゴスラビア紛争]]は、民族的・宗教的対立の他に、鉱工業地帯が[[スロベニア]][[クロアチア]]に集中していたことにより、ここからの利益の再分配が対等に行われていない(利益が農業地帯である[[セルビア]]など他地域に取られてしまう)、という両国の不満も原因の一つとなっている。
 
== 関連項目 ==
* [[民族主義]]/[[ナショナリズム]]
* [[民族自決]]
[[Category:政治理論]]
[[Category:アイデンティティ・ポリティクス]]
[[Category:ナショナリズム]]
[[Category:民族問題]]
匿名利用者