「三ツ矢雄二」の版間の差分

 
当時、映画やテレビでもアフレコを経験していた三ツ矢だが、声優の仕事自体はしたことがなかったため、関係者から「『[[宇宙戦艦ヤマト]]』のスタジオを見てこい」と言われ、勉強のためにスタジオへ見学しに行った<ref name="ノイタミナ">ラジオCD「[[ノイタミナ]]WEBラジオ」おまとめ1 第16回より。</ref>。
 
声が高い為、舞台などの要領で張って声が裏返るとマイクが割れてしまい、力の入れ方が難しかったという。これらから、なかなか上手くいかず、決め台詞の掛け声も一日を費やし何十回も撮り直す事態になり、共演者の[[富田耕生]]に何度も怒鳴られたとのこと。
 
同番組終了後、『[[キャンディ・キャンディ]]』、『[[超人戦隊バラタック]]』に出演。以後、本格的に声優業を行うようになっていった。
匿名利用者