「恋人よ (1995年のテレビドラマ)」の版間の差分

編集の要約なし
|製作総指揮 =
|監督 =
|演出 = [[光野道夫]]<br/>[[永山耕三]]
|原作 = [[野沢尚]]
|脚本 = 野沢尚
|プロデューサー = [[喜多麗子]]
|出演者 = [[鈴木保奈美]]<br/>[[岸谷五朗]]<br/>[[鈴木京香]]<br/>[[長瀬智也]]<br/>[[櫻井淳子]]<br/>[[水野美紀]]<br/>[[夏八木勲]]<br/>[[佐藤浩市]]ほか
|音声 = [[ステレオ放送]]
|字幕 =
 
最終回は30分拡大で22:00 - 23:24の放送。平均視聴率は15.0%。
 
==ストーリー==
1995年4月、'''愛永'''(鈴木保奈美)と'''航平'''(岸谷五朗)はとある結婚式場で出逢った。それぞれの結婚式を数時間後に控えていた二人は、ともに婚約者の裏切りを知り、途方に暮れていたのだった。しかし、それでも二人は互いに励まし合い再会を約束し、無事式を挙げた。式から半年後、航平は愛永のことを忘れかけていたが、妻'''粧子'''(鈴木京香)と暮らす家の隣に愛永と夫、'''遼太郎'''(佐藤浩市)が引っ越してきた。その日から隣同士として二組の夫婦の和やかな交際が始まったが、やがて平穏な日々に徐々に亀裂が入っていく。
 
==出演==
*鴻野遼太郎 (35) - [[佐藤浩市]] 
ほか
 
==ストーリー==
1995年4月、'''愛永'''(鈴木保奈美)と'''航平'''(岸谷五朗)はとある結婚式場で出逢った。それぞれの結婚式を数時間後に控えていた二人は、ともに婚約者の裏切りを知り、途方に暮れていたのだった。しかし、それでも二人は互いに励まし合い再会を約束し、無事式を挙げた。式から半年後、航平は愛永のことを忘れかけていたが、妻'''粧子'''(鈴木京香)と暮らす家の隣に愛永と夫、'''遼太郎'''(佐藤浩市)が引っ越してきた。その日から隣同士として二組の夫婦の和やかな交際が始まったが、やがて平穏な日々に徐々に亀裂が入っていく。
 
==スタッフ==