「ラパッロ条約 (1922年)」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Bundesarchiv Bild 183-R14433, Vertrag von Rapallo.jpg|250px|サムネイル|条約締結に立ち会った独ソ首脳<BR /><SUB>左から2人目が[[ヨーゼフ・ヴィルト|ヴィルト]]独首相、その右へ順に[[レオニード・クラーシン|クラーシン]]・[[ゲオルギー・チチェーリン|チチェーリン]]・[[アドリフ・ヨッフェ|ヨッフェ]]</SUB>]]
'''ラパッロ条約'''(ラパッロじょうやく、[[ドイツ語]]:Vertrag:{{lang|de|Vertrag von Rapallo}}、{{lang-ru-short|Рапалльский договор}})は、[[1922年]]4月16日[[イタリア]]の[[ラパッロ]]において[[ブレスト=リトフスク条約]]と[[第一次世界大戦]]にもとづく領土及び金銭に関する主張を互いに放棄した上で[[ドイツ]]([[ヴァイマル共和政]])と[[ソビエト連邦|ソヴィエト・ロシア]]との間で成立した[[条約]]である。両国政府は両国間の外交関係を正常化し、「相互親善の精神により両国の経済的必要を解決するため協力する」ことにも同意した。'''ラパロ条約'''とも表記される。“ラッパロ条約”という表記は誤り。
 
==成立過程==
匿名利用者