「畑中葉子」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==略歴==
[[平尾昌晃]]歌謡スクールに通いレッスンを続け、平尾に見出される。[[1978年]]に平尾との[[デュエット]]曲『[[カナダからの手紙]]』で歌手[[デビュー]]。この曲は大ヒットとなり、同年の[[第29回NHK紅白歌合戦]]に白組から出場。さらに、カナダへの日本人旅行者が急増したことにより、カナダ政府から表彰された。その後[[ソロ]]歌手に転向。[[1979年]]、畑中の元マネージャーで音楽ディレクターの[[壇雄二]]と事務所の反対を押し切って結婚するが、半年で離婚。これを機に清純派からの脱皮を狙い、[[日活ロマンポルノ|にっかつロマンポルノ]]の女優としてデビュー。話題性もあり初出演の『愛の白昼夢』、続く『[[後から前から]]』は、空前のヒットとなった。『もっと動いて』なども話題作とし名を残す。
 
現在は[[カラオケ]]サークルを開設しており、講師として活動している(事務所再所属後は活動を休止)。
匿名利用者