「ドリフ大爆笑」の版間の差分

 
=== 番台 ===
銭湯で働いている志村が、女湯の脱衣所で入浴の為の脱衣の様子を見ようとして番台を変わると言って番台に座っている仲本扮する銭湯の主人に「いいよ、俺がやってるから」と注意される。そして志村が堂々と女湯に入って来た為、またも仲本が怒る。その後、組合からの電話が来たと番台を変わる。番台に座った志村は堂々と女湯の脱衣所での脱衣の様子を見る。「クワックワックワーワワワワー クワクワクワー」って言ってる途端に、すると興奮して男性器が立つ。オチはうつ伏せになって女湯の脱衣所を見て興奮して男性器が立った為、番台に刺さって動けなくなる(そして「こんな立派なモノが必要でしょうか?」と当時の[[産経新聞]]のキャッチコピーをしゃべってオチ)。なお、女湯の脱衣所では実際に女性は脱衣しており、胸が露わになっている。<br />
また初期に頃は小松が番台に座り、紐を上げ下げすることで客間の天井に設置された戸板が動き、客に風を送り涼ませるコントがあり、戸板の上下に疲労困憊の小松が自身も涼もうと番台と客間を行き来してさらに疲れ切ってしまう。
 
匿名利用者