「New Extend Standard Architecture」の版間の差分

MATEローカルバスと同様に、製品の一覧が欲しいところです。
(MATEローカルバスと同様に、製品の一覧が欲しいところです。)
'''New Extend Standard Architecture''' (NESA)は、'''E-BUSバス'''とも略され、[[1990年]]に発売された、[[日本電気]] (NEC) の[[PC-H98シリーズ]]に搭載された32ビット高速バスである。
 
SV-H98シリーズや、同社の[[N5200|N5200シリーズ]]等にも用いられたが、それ以外での採用例は無い。
*上下の[[Cバス]]スロットコネクタ間の空きスペースに配置する形で専用の32ビットバスコネクタ(Eバスコネクタ)を設け、Cバスボードとの互換性は全くないものの、同一拡張スロットを排他利用することが可能な構造になっている。90個の接点を持つ矩形のコネクタ2つを並べ、後に開発された[[98ローカルバス]]において全く同じ物理形状のコネクタが使用されているが、それとの電気的な相互互換性は無い。
*筐体を開けずに抜き差しできるようにブラケット部には引き抜き用のレバーが装着されている。
 
== NESA(Eバス)製品の例 ==
NESAバスメモリ・SCSIボード・LANボードなどが存在した。H98用内蔵HDDユニットなどもSCSIホストアダプタ機能を備えていることがあるように、対象機種では内蔵HDDインターフェースも一種のNESAバスであるが、ここではEバス形状を持つNESA製品の例を挙げる。
{{節スタブ|date=2015年7月}}
 
=== PC-H98/SV-H98シリーズ向け ===
以下のほか、N5200シリーズ用などではハードウエア的には同等の製品であっても異なる型番で用意された。それらはNESA-FOまわりのファームウエアが異なるためH98では使用できず、逆にH98向けのNESA製品もN5200シリーズでは使用できない。
 
;NESAバスメモリ
* PC-H98-B02 (NEC)
* PC-H98-B08 (NEC)
;SCSIボード
* PC-H98-B03 (NEC)
* PC-H98-B12 (NEC)
* PSB-H9310 (日本マイクロコンピュータ)
;LANボード
* PC-H98-B04 (NEC)
* PC-H98-B09 (NEC)
* PC-H98-B10 (NEC)
* PC-H98-B11 (NEC)
;その他
* PC-H98-B01 (NEC) - NESA-FOチップを搭載した自作基板
* PC-H98-B05 (NEC) - 高速回線アダプタ
* PC-H98-B06 (NEC) - i860搭載CPUボード
* PC-H98-B13 (NEC) - ビデオキャプチャボード
* SV-H98-B01 (NEC) - プリンタボード
* PC-H98-U02 (NEC) - NESAバス増設ボックス
 
== 関連項目 ==