「メーヌ・ド・ビラン」の版間の差分

[哲学上の履歴]新節
([導入部][生涯]加筆、[関連項目][画像]追加)
([哲学上の履歴]新節)
'''フランソワ=ピエール=ゴンティエ・メーヌ・ド・ビラン'''('''François Pierre Gontier Maine de Biran'''、[[1766年]][[11月29日]] - [[1824年]][[7月20日]])は、[[フランス]]の[[哲学者]]、[[政治家]]。一般に「メーヌ・ド・ビラン」として知られる。
 
 メーヌ・ド・ビランの活動期は[[1789年]][[フランス革命]]、[[ナポレオン]]の登場、失脚、王政復古と完全に重なり、政治家としてそれらの時代を生き抜いた(メーヌ・ド・ビランはナポレオンより3歳年下でナポレオン死後3年後に死去、とナポレオンの同世代人)。生前のビランは著名な政治家としての名が高く、哲学は彼の別の面に過ぎなかった。彼の哲学にはその経歴から期待されるような社会的・政治的な匂いはなく、また同時代盛んだった啓蒙主義的な高揚とも無縁で、身体や知覚や感情などに関する内省的な思索で貫かれており、「私たちの生きる通常の世界に降りていく哲学者が必要なのだ」と晩年に記している。<ref>『哲学の歴史 6』中央公論新社、2007年。項目≪メーヌ・ド・ビラン≫(執筆者:村松正隆).600-601頁。 (以下、『哲学の歴史6』と略す)</ref> その哲学に対する姿勢から生まれた思索は後生の哲学者の一部に影響を与え、現代に至る[[フランス・スピリチュアリスム]]や[[フランス現代思想#フランス反省哲学|フランス反省哲学]]の源流として高い評価を受けている。<ref>(1).杉村靖彦『フランス反省哲学における神の問題』哲學研究575号、京都哲學会(2003年)。51頁. <br />(2).関連外部リンク{{Cite web |url=http://www.h7.dion.ne.jp/~pensiero/study/cogito.html |title=フランス反省哲学の分岐点(2.反省哲学とは何か) |accessdate=2015-07-29}}</ref>
 
 
1799年11月ナポレオンによる[[ブリュメールのクーデター]]、1804年ナポレオンの[[フランス皇帝]]戴冠による帝政への移行など激動が続くなか、ビランは地方で議会議員、県議会議員、ベルジュラック群長を務めながら地方行政に力を尽くした(橋・川のインフラ整備、文化財保護、産業・人口調査、初等教育の改善など<ref name=a />)。
 
1810年、[[元老院 (フランス)|元老院]]から[[立法院 (フランス)|立法院]]議員に指名され、1812年から議員として国政に参加。1813年、前年にロシア遠征で大敗したナポレオンが兵力増強を議会に要請したが、ビランは同僚議員と共に戦争継続を求める皇帝ナポレオンに反対する建白書の印刷を可決させた。<ref name=a />ナポレオンは激怒したがその威光はもはや薄れており、[[1814年]]3月パリが陥落し、翌月ナポレオンは[[エルバ島]]へ追放された<ref><sub>「[[ナポレオン・ボナパルト#帝国崩壊へ]]」</sub></ref>。同年、ルイ18世即位による[[フランス復古王政|王政復古]]後、下院の財務官、騎士(シュバリエ)として貴族となり<ref>「メーヌ・ド・ビラン」という呼称はこの時から使い始めている。(『哲学の歴史6』.604頁)</ref>、途中ナポレオンの[[百日天下]](1815年)、極右王党派の急速な勢力拡大による落選(1816年)を除いて、議員の地位を保ち続けた。1824年、ナポレオンの死(1821年)から3年後の、1824年7月20日、メーヌ・ド・ビランはパリで死去した。
 
[[File:Maine de Biran.JPG|thumb|250px|François Pierre Gontier Maine De Biran(1766-1824)]]
== 哲学==
[[File:Maine de Biran.JPG|thumb|250px|François Pierre Gontier Maine De Biran(1766-1824)]]
[[観念論]]の立場から認識に対する研究をはじめたが、[[唯心論]]者となる。晩年は[[神秘主義]]にも接近している。
====  ''哲学上の履歴''====
内省的方法による感覚知覚を考察し、意識の本質を探究。「精神の生」なる概念を提示している。
*1798年 懸賞課題(フランス学士院)「観念の形成に及ぼす記号の影響」応募草稿未完 
*1799年  同 「習慣が思惟機能に及ぼす影響を決定せよ」論文応募
*1801年  同 「   (同一課題)   」 応募、受賞 (『習慣論』として出版)
*1802年  同 「思惟機能はいかに分解されるべきか」 執筆中、妻の急死に遭い未完。<ref>「魂が粉々に打ち砕かれたとき、哲学は何の役にたとう」と1804年の書簡にビランは記している.(『哲学の歴史6』606頁および訳註3)</ref>
*1805年  同 「   (同一課題)    」  応募、受賞。(『思惟の分析』)
*1807年 懸賞論文(ベルリン・アカデミー)    応募、次席受賞(『直接的統覚について』)
*1811年  〃 (コペンハーゲン王立アカデミー) 応募、受賞(『人間の身体と精神の関係』)
:以後、これまでの自分の考えの総合として後生『心理学の諸基礎についての試論』と呼ばれるようになる原稿の執筆に取り組むも未完に終わる。<br />(1805年『思惟の分析』から『心理学の諸基礎についての試論』までの時期の思想を"ビラニスム"という。<br /> ビラニスム時代の原稿は生前には出版されていない。)
*1812年 立法院議員としてパリに出てきたビランは、自宅で哲学のサークルを始める。
:後期のビランは宗教的な傾向を深め、『人間学新論』で宗教的生も含めた総合的な人間学を目ざしたが未完に終わり、結局生前にビランの著作はほとんど出版されなかった。<ref>『哲学の歴史6』605-608頁</ref> 
 
===概要===
{{節スタブ}}
[[観念学]](idèologie,イデオロジー)<ref>「フランス革命移行に学士院などを根城としながら諸学問の改革とその教育を目ざした人々の発想を一般に指している。」「経験論にのっとり、生得観念や宗教的観念を否定しつつ、啓蒙の理念を実地に推進しようとした。」代表的な思想家として[[カバニス]],[[デストュエット・ド・トラシー]]などが挙げられ、広義の観念学派としては[[スタンダール]]まで含まれ、分派的後継者として[[オーギュスト・コント]]を挙げる論者もいる。(『哲学の歴史6』.575、595、613-615頁)</ref>の立場から認識に対する研究をはじめたが、[[唯心論]]者となる。晩年は[[神秘主義]]にも接近している。
内省的方法による感覚知覚を考察し、意識の本質を探究。「精神内奥感根源的事実」「内的事実」「内的空間」「反省的諸概念」などの概念を提示している。
 
===内容===
<!-- 1. 習慣論 2.ビラニスム a身体論(内的事実論) b反省的諸概念 3.後期 -->
{{節スタブ}}
 
 
940

回編集