「三峯神社」の版間の差分

m
(→‎現地情報: 画像の追加)
中世以降、[[日光山|日光]]系の[[修験道]]場となって、関東各地の武将の崇敬を受けた。[[養和]]元年(1182年)に、秩父を治めていた[[畠山重忠]]が願文を収めたところ霊験があったとして、[[建久]]6年(1195年)に東は薄郷(現・[[小鹿野町]]両神あたり)から西は[[甲斐]]と隔てる山までの土地を寄進して[[守護不入]]の地として以来、東国武士の信仰を集めて大いに栄えた<ref name=jinja>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1054145/54 『神社詣で』(埼玉県観光叢書 ; 第1輯) ](埼玉県観光協会, 1938) </ref>。しかし[[正平 (日本)|正平]]7年([[1352年]])、[[足利氏]]を討つために挙兵し敗れた[[新田義興]]・[[新田義宗|義宗]]らが当山に身を潜めたことより、足利氏により社領が奪われて衰退した。
 
[[文亀]]年間([[1501年]]-[[1504年]])に修験者の月観道満がこの廃寺を知り、30数年勧説を続けて[[天文 (元号)|天文]]2年(1533年)に堂舍を再興させ、山主の龍栄が[[京都]]の[[聖護院]]に窮状を訴えて「[[大権現]]」を賜った<ref name=jinja/>。以後は聖護院派[[天台宗|天台]]修験の関東総本山とされて隆盛した。本堂を「観音院高雲寺」と称し、「三峯大権現」と呼ばれた。以来、歴代の山主は花山院家の養子となり、寺の僧正になるのを常例としたため、花山院家の紋所の「菖蒲菱(あやめびし)を寺の定紋とした<ref name=jinja/>。
 
[[江戸時代]]には、秩父の山中に棲息する[[オオカミ|狼]]を、猪などから農作物を守る[[眷族]]・[[神使]]とし「お犬さま」として崇めるようになった。さらに、この狼が盗戝や災難から守る神と解釈されるようになり、当社から狼の護符を受けること(御眷属信仰)が流行った。修験者たちが当社の神得を説いて回り、当社に参詣するための[[講]]([[三峯講]])が関東・東北等を中心として信州など各地に組織された。
77,182

回編集