「ヘクトパスカル」の版間の差分

節を付して、整理
(符号位置)
(節を付して、整理)
| 名称 = ミリバール
| 英字 = millibar
| 記号 = mbar, mb
| 度量衡 = [[メートル法]]
| 種類 = [[SI併用単位]]
| 物理量 = 圧力
| 定義 = 1/1000 [[バール (単位)|bar]]
| SI = 1 hPa
}}
'''ヘクトパスカル''' ({{fr|hectopascal, 単位 hPa}}) は、[[国際単位系]] (SI) 適合の[[圧力]]の[[単位]]([[SI組立単位]])である。圧力の大きさとしては、かつての'''ミリバール''' ({{fr|millibar, mbar}}) と等しく、[[ヘクト]]が100倍を表す[[SI接頭辞]]であるから、ヘクトパスカル]]、1/1000は100[[バール (単位)|バーパスカル]]である。主も等い。こて気象関係で使わているが、そ単位間に分野で用いられることまずない。
 
== 単位間の関係 ==
圧力の大きさとしては、かつての'''ミリバール''' ({{fr|millibar, 単位 mbar}}) すなわち1/1000[[バール (単位)|バール]]と等しい。標準大気圧とこれらの単位の間には、
 
1 [[標準気圧|気圧]](標準大気圧)(atm) <br /> = 1.01325 bar <br /> = 1013.25 mbar <br /> = 1013.25 hPa <br /> = 101325 Pa
という関係がある。
 
歴史的には、[[標準大気圧]] の1[[気圧]] (1 atm) と1[[バール (単位)|バール]] (1 bar)(バールはメートル法での単位)とが(上記のように)圧力の大きさとして極めて近しているため、バールの1/1000の単位であるミリバール (mbar) が現在のヘクトパスカルと全く同様に[[気圧]]を表すのに最も都合のよい単位として広く使用されていた。
1パスカル (Pa) は、1[[平方メートル]] (m<sup>2</sup>) の面積に1[[ニュートン]] (N) の力が作用しているときの圧力であるが、標準大気圧(1atm、約1000 mbar)が、その1パスカルの約十万倍(10<sup>5</sup>倍)、すなわち、1ヘクトパスカル(1ミリバール)の約千倍(10<sup>3</sup>倍)であるため、[[地球]]上の気圧(の変動)をミリバール時代と全く同様に4桁で表現し続けるのに最適な単位として広汎に使用されている。
 
しかし、バール・ミリバールは[[国際単位系]](SI)ではない。そのため、[[国際単位系]] (SI) への統一を切っ掛けとして、ミリバールと全く同じ大きさの圧力の単位である[[ヘクトパスカル]]が代わりに使用されるようになった。日本での切り替えは[[1992年]][[12月1日]]からである。
 
== ヘクトの位置づけ ==
歴史的には、[[標準大気圧]] の1[[気圧]] (1 atm) と1[[バール (単位)|バール]] (1 bar)(バールはメートル法での単位)とが(上記のように)圧力の大きさとして極めて近接しているため、バールの1/1000の単位であるミリバール (mbar) が現在のヘクトパスカルと全く同様に[[気圧]]を表すのに最も都合のよい単位として広く使用されていた。
なお、[[国際単位系]] (SI) では1000、10<sup>3</sup>毎の[[冪乗]](べきじょう)を意味すである[[SI接頭辞|接頭辞]]を使用することが通例であり、1000る。10<sup>3</sup>の[[冪乗]](べきじょう)ではない[[ヘクト]]も[[SI]]で[[SI接頭辞]]として定められてはいるものの、ヘクトパスカル (hPa) 以外で広汎に使われているヘクト使用の単位としては[[ヘクタール]] (ha) (= 10<sup>4</sup> m<sup>2</sup>) ぐらいしか存在していない。しかも、[[アール (単位)|アール]] (a)・[[ヘクタール]] (ha) のほうは、Pa・hPaとは違ってそもそも[[SI組立単位]]でさえなく、使用が許容されているだけの[[SI併用単位]]という位置づけである。したがって、実質的に、このヘクトパスカルが[[国際単位系]]([[SI組立単位]])適合かつヘクト使用の唯一の単位といえる
 
そこへしかし、[[国際単位系ヘクタール]] (SIha) 統一が行われほうはバールPaミリバールhPaいうは違って[[SI組立単位]]ではなく、使用が廃止許容されたため、ミリバールているだけの単位([[SI併用単位|SI単位全く同じ大き併用の気圧れる非 SI単位]])という位置づけである。したがって、このヘクトパスカルが代わり実質的使用されるようになった。日本での切り替え[[1992年国際単位系]][[12月1日SI組立単位]])に適合し、らであつ[[ヘクト]]を使用する唯一の単位といえる。
 
なお、[[国際単位系]] (SI) では1000の[[冪乗]](べきじょう)を意味する[[SI接頭辞|接頭辞]]を使用することが通例であり、1000の[[冪乗]](べきじょう)ではない[[ヘクト]]も[[SI]]で[[SI接頭辞]]として定められてはいるものの、ヘクトパスカル (hPa) 以外で広汎に使われているヘクト使用の単位としては[[ヘクタール]] (ha) (= 10<sup>4</sup> m<sup>2</sup>) ぐらいしか存在していない。しかも、[[アール (単位)|アール]] (a)・[[ヘクタール]] (ha) のほうは、Pa・hPaとは違ってそもそも[[SI組立単位]]でさえなく、使用が許容されているだけの[[SI併用単位]]という位置づけである。したがって、実質的に、このヘクトパスカルが[[国際単位系]]([[SI組立単位]])適合かつヘクト使用の唯一の単位といえる。
== 符号位置 ==
{| class="wikitable" style="text-align:center;"