「小笠原成助」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
以後も、長宗我部氏の四国統一戦に従ったが、1582年11月<ref>9月3日とも。山本大『長宗我部元親』95頁。</ref>に[[三好康長]]に内応したとして<ref>内応した相手は富岡城主の[[新開実綱]]ともいう。</ref>、[[長宗我部元親]]に[[夷山城]]で討たれてしまった。弟の成孝(光孝とも)は、兄が謀殺された際に[[讃岐国]]へ逃亡し、その子である光信の代で、[[蜂須賀氏]]に仕え、[[一宮神社 (徳島市)|一宮神社]]の[[神職]]として血脈を残している。
 
== エピソード逸話 ==
謀殺された無念から、死後亡霊となって現れたという伝説があり、妖怪・[[夜行さん]]のモデルの1人ともされている。
 
3,060

回編集